糸魚川で石拾い – ヒスイとかメノウとか

投稿日:

ついにこれを書く決心がついた

こちらへ移住してきて、どっぷりとハマってしまったのが

石拾い

であります

「糸魚川でヒスイが拾えるってよ」
という何気ない夫氏の言葉がきっかけで始まったトレジャーハント
なんてことはない、海岸をウロついて石を拾うだけの修行です

修行なんです

「糸魚川でヒスイが拾えるってよ」
という軽い言葉からは想像もつかなかった険しい道

足繁く通い、やれどこの海岸がいいだとか
フォッサマグナミュージアムに通い、脳内のデータベースをアップデートしたり
あの手この手を尽くしたけど、未だそれっぽいのは拾えていない
というのも多分、地味ヒスイに気づいてないパターンだと思う
派手なやつばっか狙ってたり、かわいい怪獣を連れての採集なのでがっつり集中できなかったり
あとは出撃日が土日の昼っていうのが圧倒的不利感あるかなと

まぁ、これからの人生もまだまだありますし
そのうち熱いやつ拾えるやろ、と思っていますが
それなりの結果がないと集中力が続かないので

割り切って夜のメノウ採集にでかけたところ
アホほど拾えて楽しかったのでようやく書く気になった、といういきさつです
鉱物初心者がふわっとした感じで書きます

糸魚川のヒスイ

なんか小瀧の方でヒスイがいっぱい産出(?)されるとかで、それらが小滝川をどんぶらこっこと下ってきて
海の波でわやくちゃにされてそこらの海岸に波で打ち上がって・・という感じだそうです
小学校だか中学校だかで習った「フォッサマグナ」という地質的な溝と、糸魚川➖静岡構造線という断層の影響で
石の種類が豊富なんだとかです

堆積岩とか火成岩とか地味な石もたくさんありますが、熱い変成岩も種類がありまくりで
その中で、石拾いのターゲットとしてドメジャーかつ価値があるのが
日本の国石でもある「ヒスイ(翡翠)」です

化学組成とかガチなお話寄りは、フォッサマグナミュージアムへどうぞ

普段はこのフォッサマグナミュージアムで、拾った石の鑑定を学芸員の方がやってくださるようなのですが
新型なにがしの所為でこの1年、鑑定はお休みしています
2021/3/31までお休みとのことですが・・・はたして再開するんかいなコレ・・

いざ海岸に出てみる

と、なんか波打ち際で濡れてる石は全部キラキラしてきれいに見える
初心者はヒスイと聞くと緑色をイメージして、最初は緑色の石を探してしまうんですが
糸魚川のヒスイは基本白、白に青緑系の色が入ってたりとかそんな感じが多いみたいです
じゃあ白い石を・・と拾い始めるとだいたい当たるのが石英岩ていう

地味ヒスイは全然識別できないしあからさまなやつならわかるだろうけどもそんなんなかなか落ちてないし
成功体験がないとなかなかデータベースアップデートできない
そういうときはフォッサマグナミュージアムへ・・
見本石をしっかり覚えてですね、なんなら見本石どっかで買うのもありかもしれない

でもヒスイヒスイーと血眼になってるとなんかテンション保てなくなる気もするので
「あからさまにきれいな石」を探す感じのほうが楽しめるかなと思います

そうするとメノウとかネフライトとかを拾うと、エンカウント率はヒスイより高いので楽しめる
メノウとかネフライトは透過しててきれいなのも多いしよき、です

石の種類

ふわっと、石の種類ご紹介

ヒスイ(ヒスイ輝石、硬玉、ジェダイトとか)


一般的にヒスイといわれるやつ
白地に青緑とか黒に緑とかいろいろ、激レアで白地に紫のラベンダーヒスイとか
かたくて重い、比重が3.2とかある
比重のはかり方はこちらのブログに書かれています
まじでめったにない
表面に味の素みたいな結晶がキラキラしている・・と言われてるけど、肉眼ではわからんものもあるみたい
角ばっているものを探せ、とよく言われるが海岸に転がっているのはわりと丸っこくなっているものもあるからなんともいえない・・


たいていは透過するみたいですが、透過しないタイプもいるとか・・

ネフライト(透閃石-緑閃石系角閃石、軟玉)


軟玉ヒスイとかいわれるやつ
わりと見つけられる、比重は3前後ぐらい
海岸では丸っこくなって、表面がねっとりすべすべしてる
深緑とか黒っぽい感じのものをあたっていくと見つかる


これも透過するものが多いけどしないのもある
白いネフライトも存在しているらしい

メノウ(瑪瑙、碼碯、agate、アゲート、アゲット、縞状の玉髄の一種)


メノウと聞くとしましまの円というイメージですが
糸魚川の海岸で拾えるやつは、白とかオレンジ系のやわらかい色のスケスケ石
外側にクリームついてるみたいな感じで、中はスケスケ
とくに濡れているとスケスケ感がかなり上がる
豆粒サイズが濡れているとガラスかな?ぐらいスケスケ


もっすごい透過する、スケスケ

この方たちはUVライトを当てると蛍光します、ケイムラです

ロディン岩


ヒスイと間違えやすい石
けっこう重いし緑色入ってるしまぎらわしい
しかしながらこのロディン岩ですらレアキャラ
透過するものもあって、これはこれできれいな石

キツネ石


先述のロディン岩も(ヒスイに似てて騙されるから)キツネ石と呼ぶこともあるけど
キツネといえばこっちかなと
緑色の霜降り牛肉、というかんじの模様
緑色が表面にたっぷり出ているとそれはそれできれい

蛇紋石(サーペンティン)


この方もヒスイと間違われる石
ネフライトとも間違われる
スケスケパターンのものもある
この方の見分け方は実にかんたん、この方磁石にくっつきます

石英岩(石英、クォーツ、クオーツ)


コレの無色透明なやつがいわゆる水晶になる・・のか?
めちゃくちゃよくある、どこにでもある石
庭先用の玉砂利の中にも入ってるイメージ
でもけっこうスケスケできれいなんです

石英斑岩(薬石、姫川薬石)


オマケ的な
石ひろいストが拾うこともある石
天然ラジウム鉱石として微量の放射線を出すらしい
風呂に入れるといいとかなんとかおまじないてきなアレ


石ひろい場所

ヒスイ海岸


ドメジャー
糸魚川でヒスイ拾いといったらまずここをイメージするぐらいドメジャー
もしもしピット的なところに車を停められる
富山方面から来たらすんなり左折で入れるけど、上越方面から来ると右折では入れないのでぐるっと回ってくる必要がある
階段おりて左側が人気ポイントなのか人多い
右側は石自体が少ない気がする、砂が多い
ひと流しすればメノウかネフライトぐらいは拾える

須沢海岸


姫川の左側
ここも駐車場があって便利
オートキャンプ場もあるので夏場はぜひキャンプしながら石拾いたい
駐車場から波打ち際までちょっと歩く
めちゃでっかい、持って帰るの無理じゃね?サイズの薬石がいっぱいあるイメージ

ラベンダービーチ


ラベンダーヒスイがいっぱいとれるからラベンダーという名がついたとかなんとかとどこかで読んだ記憶があるけど
ラベンダーヒスイなんかそうそう拾えないていう
嬉しいことにトイレがある
車も停められるのか??空き地のようなところがあるけども
海岸もながーーーいので、頑張って青海川の河口まで歩くのとかもありかもで

親不知ピアパークんところ


北陸道降りてすぐっていうのがありがたい立地で
道の駅なのでトイレもあるし食い物もある
あと翡翠ふるさと館ていうとこでデカいヒスイ原石が展示してある
あとでっかいカメがおいてある
海岸の幅はそんな大きくないけど、立地ゆえかいつも人いっぱいいるイメージ
土日限定か、駐車場のところでヒスイ売ってる人がいろいろいる
ゲンギョ丼が売ってる・・
ヒスイも拾えるのだろうけどメノウもいっぱいあった

ラベンダービーチからピアパークまでの間もずっと海岸なので拾えるところはあるのだと思うけど
なにせ車だと停めるとこ気にしないといけないのであんまり入り組んだところには行けない
電車の人はもちょいいろいろ行けるのかも

市振海岸


車停められるとこが二箇所ある
あとトイレがあるのがうれしいところ
石拾いもいいんだけども釣りもよし
秋口には新子狙いのエギンガーがいっぱいいた
海水浴場なんやけど、海水浴してる人なんか見たことない

宮崎海岸


ここまで行くと糸魚川ではなくて、境川超えて富山県
たぶんここらあたりまでがヒスイポイントなのだと思う
駐車場とトイレあり
あとでかいオートキャンプ場があって、バンガローとかもある
ちょっとホタルイカ待ちしながらの夜石拾いを計画中
小瀧のヒスイ名人が言うには、須沢あたりでもホタルイカわくこともあるみたい
イカはもう待ちのやつなので、ただ待つよりも石拾いながらてのがええんちゃうかなと


道具など

石拾いに道具なぞ不要なんですけども
私的にはコレ絶対あったほうがええでってやつを

なんといってもウェーダーやろ!!!!!!!!!
いわゆる胴長というやつです
フェルトじゃなくてラジアルがいいです、いわゆる普通のゴム底の靴がくっついた胴長です
渓流釣りする人なんかはフェルトソールのウェーディングシューズ+ストッキングフットとか持ってたりするんでしょうけど
こういう安い(失礼)やつで十分っていうかむしろこっちの方がいいです

あのですね「石の上を歩く」っていうのが、どんだけ足の裏に負担かかるかってことなんです
ビーサンなんかで行った日にゃ泣きを見ます
夏場に安物のアクアシューズで行ったんですけど
足の裏痛いし、さらには細かい砂が靴の中に入ってきて不快極まりない

ソールがしっかりしている長靴でもいいんですけど、ウェーダーの方が安心感が半端ない
長靴でガンガン攻めるとまあ・・波かぶって長靴の中びしゃびしゃになることも多々あります
でもねウェーダーならまったくソレがない

夏は流石に暑いんですけど、冬は防寒にもなるし
いやもうウェーダー、絶対ウェーダーの方がいいです
あとウェーダー1本持ってると、雪かきにも重宝します
今年の大雪災害ではたいへん活躍しました
思ったよりも雪が深くて長靴の中に雪が!!とかなくなりますからねウェーダーだと

あ、道具もう紹介するのウェーダーしかないわってぐらい
あとは防水のウェストポーチとかあるといいですね
スマホと車の鍵は防水ポーチに入れたほうがいいです

あとですね、ヒスイハンターはだいたい穴あきお玉みたいなのの柄をながーくして使っていますね
ザルとかいろんなパターンありますけど
なんでそれやるかというと、石見つけるたんびにしゃがんだりとかしんどいからやと思いますね
筋トレも兼ねている方ならそういうの使わず石見つけるたびにしゃがんで立ってを繰り返してスクワットするのもありかもですけどね

ちなみに15kgの怪獣を背中におんぶしてしゃがんで立ってを繰り返すと太ももの筋肉しにます
あと膝もしにますので気をつけてください


あ!なんかまた後半ぐちゃぐちゃになったけど
石拾いたのしいですよ!!!!!


たぶん一番気に入っているメノウ


いろいろ本物とかもならべてみたり


メノウいいよ!!おいしそうでとってもいいよ!!!


こういう、あからさまにしねる日もあるし


スノーシェイドから見える日本海がきれいだったり

たのしいよ!!!!


怪獣もはよ石に目覚めてほしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です