黄金週間の出来事など、近況報告

投稿日:

がっつり、ゴールデンウィークというものを満喫してきました
間もなく妊娠後期に入ってくるので、自由に遊べるのは今しかないかなという感じで
身体は重いけどアウトドアな感じで楽しんできました・・・が
あんまり天候に恵まれなかったのが非常に悔しい感じです

28日
なにやら氏が、表参道のいきつけの美容師さんところで髪の毛切って
そのあと従姉妹と渋谷あたりで会うということで
ちょうどいいし・・と思って橋本病の病院へ行って、そっから合流しようって感じになった

橋本病は、例の有名不妊治療クリニックKLCから紹介してもらった
これまた超有名甲状腺専門クリニックの、表参道にある伊藤病院というところ
アップルストアの横にある病院

朝5時前に車で表参道へ向かって
5時36分ぐらいでしょうか、病院の前についたんですけど
この時点ですでに人が並んでいて・・診察券を受付機に通すと、受付番号が10番・・
一体何時にくれば1番とれるんでしょうね?全く恐ろしいです

6時に入り口が開いて、診察券通して
そこから2時間待って8時から採血
9時から診察
受付番号早いと、だいたい10時前には会計も処方も終わる
9時半くらいの会計する時間くらいに採血室前の受付番号見ると450番とかそんなん
450番の人とか一体何時に終わるの・・
ほんと恐ろしい話です

前回TSHがどーんと上がって5.0くらいあったんで、薬を増やされたんですけど
今回はがっつり薬が効いて0.8くらいまで下がってた
とりあえず様子見で薬の量はそのままでまた一ヶ月後に診察・・・
待ち時間とか諸々エグいのであんま頻繁に行きたくはないのですが、仕方なしです

で、診察終わって氏が髪の毛切り終わるのをカフェとかで昼飯食いながら待って
11時になったらフライングタイガー開くので見に行って
無駄な雑貨に金をじゃぶじゃぶ使って

あとは渋谷をうろうろしてたんですけども、従姉妹の方が渋谷に来てもらうはずが
どうも横浜にいるっつーことで車で横浜へ

みなとみらいでビールフェスタみたいなんやってた
楽しそうだったけどもスルーして、メシ食ってあとはカフェでだらだら話しておわり

とはいえ、よくウロウロして歩いたので
足がむくんで1.5倍ぐらいになってた、なんかブヨブヨしてた

あちこち行ったわりに、写真は一枚もナシ

29日
もうね、この日をどれだけ待ってたことか・・
マテ貝ハンティングです
江戸川河口にマテ貝、ホンビノス貝、アサリ、アナジャコなんかをとりにいきます

去年のこのくらいの時期にも、葛西臨海公園あたりにマテ貝を探しにいったんですけど
数が少ないのか・・・2つしか獲れませんでしてね
この江戸川河口のポイントはめちゃくちゃとれるっつーことでものすごい楽しみにしていました
この日の為にいろいろ装備を揃えましたし

一番最強だったのはやっぱウェーダーです、安いラジアル底のウェーダーを用意しました
潮干狩りって、なんだかんだ立ったりしゃがんだりがめちゃくちゃ多くなるんですね
しかも中腰で砂掘ったりするし
そうすると腰へのダメージもやばいし、スクワット何回もしてるイメージなので
まぁ後日足の筋肉が見事につかいものにならなくなるんですね
でもウェーダーだと、地面にそのまま座れるし、座ったまま移動できるので
足へのダメージも腰へのダメージも軽減できるってわけです

大潮初日ぐらいでしたかね
9時前くらいからポイントに入って
最初はアサリをやろうかなんて言ってましたけども
あんまりアサリが居ないっぽいので
ちょいと早いですがマテ貝のポイントへ
貝って、貝によって生息しているポイントがちょっと違うんですよね
アサリは文字通り浅いところにいるし、マテ貝はそこからちょっと先の深いとこ
ホンビノスはもっと深いところ・・となんか微妙に違うみたいです

最初は、掘っても掘っても「マテ貝の穴」が見つけられなかったんですけど
なんかコツを掴むと、怪しい穴がすぐわかるようになりますね
マテ貝が居る穴って、なんか楕円なんですよね
それを潰さないように上手に掘るというか削っていって穴を見つける
で、その穴に塩を流し入れる・・と
にゅーっとマテ貝が出て来る
これがめちゃくちゃ楽しい・・・!!!
なんでしょうね、アサリとかホンビノスと違ってマテ貝とりには駆け引きが存在する
それがたまらなくたのしい

塩はサラサラタイプのやつがいいです
岩塩とかだとこう、うまく穴にいれられない

値段的にこいつがちょうどいい

その塩をこういうタイプのやつに入れてもっていく
穴に塩入れやすいですからね

マテ貝はほどほどに、一番潮が引いた時間に男性陣はホンビノスとりに
腰ぐらいまで水に浸かるようなので、めんどくさかったので私は不参加でマテ貝に熱中

なんやかんやいろいろお土産を持って、昼くらいに終了


貝を調理する氏
こんだけマテ貝マテ貝言ってるわりに
私、貝食えないんですよね・・・


氏の食レポによると
「マテ貝は貝出汁がめちゃくちゃ濃くて味が濃い、多分なにしても旨い」とのこと
ガーリックバターソテーにしたようです

余ったマテ貝は酒とお湯でさっと茹で、殻を取って冷凍
ホンビノスは砂抜き

31日
まだまだとり足りない!ということで
またしてもマテ貝とりにいってきた

前日よりもでかいのがたくさんとれた
この日とれたマテ貝と前日のホンビノスは実家へクール宅急便で送った

念願の、マテ貝動画がとれた
きもいですよね、でもとるのめちゃくちゃ楽しいですよ・・

1日2日は普通に過ごした

3日
前日の夜から、帰省準備
3日朝出ると絶対渋滞やばいなーと思ったので2日夜中に出発
めっちゃ釣りするつもりで装備も万端、あとは行くだけ

4時くらいに実家ついて少し寝て
朝はタイヤを履き替えに(今までずっとスノータイヤはいてた)
昼飯はお得意のカレーを作って振る舞った
いろんな野菜がいっぱい入ってる、氏曰く闇鍋カレー

夕方から家族みんなで直江津へお食事に出かけた
新鮮な海鮮をこれでもかと食わせてもらった
真鯛とアジのお作りやら岩牡蠣(こいつは食えないので食ってない)やらメバルの塩焼きやら・・

「実家に帰ると必ず太る」ので気をつけたいのに、初日からがっつりやらかした

お食事の後は、直江津第三堤防オープンまで並ぼうかなーと思ってたけど
強風の為釣り場閉鎖・・とのことで諦めて帰って素直に寝た

4日
朝はゆっくりすごして、昼すぎから山奥の親族のところへご挨拶
女系の家系なので、親族が集まるとまー賑やか
あっちゃこっちゃで会話が飛び交って、生粋の関西人の私でも驚くぐらいみんなよく喋る

そっから夕方直江津へ出撃・・・するもまたしても第三堤防は強風のため閉鎖
とりあえずお茶を濁す感じで、湾内でアジが釣れてるようだったのでお茶を濁す感じでやってみるも
完全に時合のがした感じでアジ釣れず・・アジが遠い
どうもアジとは相性が悪い
昔はそうでもなかったけど結婚してからアジと相性が悪い

釣れたのはキモいウミケムシだけだった

5日
黒井の方まで行って仮眠
朝方氏は黒井の堤防で青物をやってみたようだけど、なかなか渋い感じで
3時間くらいでようやくイナダを1匹
その後、かなり風が強くなってどうしようかなーと悩んで
湾内でまたしてもお茶を濁す感じでやってみたけどなんの収穫もなく・・
いっそサーフへ行ってみたものの、こちらもなにもなく・・・
最終的に黒井に戻って、何故かシロギスを狙ってみても1匹しか釣れず・・・
その後隣のおじさんがアジ釣ってたので、カゴサビキ投げてみたけど

めちゃでかいコノシロが釣れただけで終わった
つーかコノシロてこんなデカくなるんやな!とびっくりした
東京湾のランカーシーバスはこんなデカイベイトを食っているのか・・・
そりゃビッグベイトで釣れるわな


帰りの上信越道は、山がとてもきれいだった
北信五岳になるんですかね

iPhoneじゃあんまりきれいに撮れませんでしたけども
この景色に惚れ込んで移住するっていうのもなかなか悪くない感じだなと思った
スキー場付近のあの街並みとかもけっこう好きだったりするし

まぁ実際移住するとなると、もう少し南にはなると思いますが

で、実家へ戻ると晩ご飯が用意されていた
がっつりハンバーグ食って、みんなでわいわい話して

6日の朝出発にすると絶対大渋滞に巻き込まれるだろうってことで
帰りも夜中出発に
0時半くらいですかね

そうすると車の量はいつもより確かに多いけど、渋滞に巻き込まれることなく無事帰り着くことができました

6日
寝て起きたら昼だった
釣具の後片付けをしたりなんだかんだして一日が終わった


で、振り返ってみると写真の少なさよ・・・
遊ぶことに夢中になりすぎて、ほとんど写真とってなかった
なんか、GWなにもしてなかったかのように物的証拠がない・・

いや、目一杯遊びましたけどね

しばらくはこんなに遊ぶこともできなくなるだろうからね・・

で、GW終わって昨日スクリーニング検査?に行ってきた
スクリーニングと言っても、いつもより念入りにエコーするだけなんですけど
医師からのコメントは次週になりそうですが、ぱっと見特に異常はなさそうです
が、やはりちょっとでかめとのことでした・・27週で1200近くあるみたいです
しっかりデブ遺伝子を受け継いでいるのでしょうか・・困った
「まぁ、小さいよりはいいんじゃない?」と言われたので、とりあえずはよしとしておきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です