Win→Macでくっついてくるあの「winmail.dat」をなんとかする方法

投稿日:

久しぶりにお役立ち情報を

Macユーザを悩ませる「winmail.dat」
WinのOutlookから送信したメールで
リッチテキスト情報なんかをパックしているデータだそうです
あと添付ファイルくっつけた時にも、添付ファイルがwinmail.datになったりしてるっぽい
MS製のファイル(ExcelとかWordとか)の場合は高確率でwinmail.datになってしまうっぽい

これまじでイラっとする
何回もこういうやりとりがあって
どうしたもんかと悩んでいたけど

「winmail.dat変換ツール」なる便利なものを発見して以来、イライラがすっきり解消できた

メールにくっついてきたwinmail.datをこいつで変換すれば元々のちゃんとしたデータになる

なんとなく私の感覚というか今まであったのは
「パソコンよくわからない」層がwinmail.datをくっつけてくることが多かった
なので「リッチテキストじゃなくてテキスト形式で添付ファイルメール再送してね」なんて言っても
「????」となることが多かった・・・
なので送信側に改善を求めるよりも、受信側つまり自分でなんとかできたほうがいいなーと思ってたけど
先述の変換ツールで一撃解決ですわ!

受信側がMacじゃなくても起こるのかな?
WinでもOutlook以外のメールソフト使ってる場合は起こるのかもしれません

ブラウザで動くのも嬉しい感じ
インストールタイプのものだとだいたいMac用はありませーんってなるしね

ブックマークに入れて解決や!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です