じかん

投稿日:

 本日9時に起床して
そのままPCに張り付いて12時間

時間がたつのは早いです

一歩も外へ出ていないし
会話をしたのは
よしおと、郵便屋のおっさんだけです

今日はわりと集中してできたので
進んだほうだと思いますけど
なかなかゴールが見えません

真実を言い続けるって
とても難しいことだと思います

オトナ社会には
お金だなんだって絡まってきて

本当の事を言ってはいけない場合というのがあるようです

根っこの部分はパンクなので

そんなもんクソ食らえだ、と思う事もありますが

自分ひとりで生きているわけではないので

言葉を飲み込むことだってあります

それでも
可能な限り正直に生きたいと思います

正直さを無くして
道化として生きるくらいなら

敵を増やしたって正直に言いたい

って思います

なかなか難しいですけどね

手先は器用な方だと思いますが

生き方は不器用なまんまです

今作っているアニメーションの作品を
DVDにして販売しようと思ったんです

もしも欲しいという人がいたら
持っててもらいたいし

500円ぐらいかなぁ、なんて考えてたんです

けどね
それがすごい嫌になった

そういう事を考えている自分が嫌になった

前に
ライブペイントで使った楽曲を気に入ってくださった方がいて
音源売ってくださいって言われたんです

けど、楽曲制作にお金がかかったわけでもないし
CD-Rに焼いてわたすだけなので
普通にあげますよーって言ったんです

でも
「あなたは音楽を生業としてる人だから貰うなんてできません」
って言ってくださったんです

なんか、嬉しいですよね

でも
音楽って、自分の意思や思い描いているものの
発表の場なんです
遺伝子以外での
自分が生きた証拠の遺し方なんです

そんなエゴイスティックなものを
手にとる人の貴重な娯楽の時間に加えてもらえるだけで
ありがたいんです

そこに「お金」ってものが絡んでくると
何故だか難しく考えてしまう

いろいろ、KEN氏とも昨日話したりして
自分の中でまとまった答えというのが

アーティストの作品を「買う」というのは
投資なんだと

次の作品の為の投資

好きなアーティストの作品を所有したいという欲求も
もちろんあると思うけど

うまく説明できないけど
そう思ったんです

そう思ったら
少しだけ気が楽になりました

DVDは
欲しいと言ってくださる方の
言い値にしようと思っています

タダで持っていってもらってもかまわないし
買ってくださるというのならいくらでもかまわない

それに、ちょっと面白いかなと思ったんです
言い値ってしておくと
そこにコミュニケーションが生まれるじゃないですか

そんな事を考えながら
一日中作業をしていました

三十路も目前なのに
そんな話題しかありません、すいません

でも三十路手前で
こうやって何かを一生懸命つくって生活していられる事が
すごく嬉しかったりします

28歳で脱サラして、映像屋になった友人を思い出します

何かをするのに遅いことなんてないんだな、と

そいつやら、あいつやら
あの人やら
みんながんばってるから

わたしも負けてられない、がんばらないとな
って思えます

ベクトルはあってるのかどうかわかりませんけどねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です