High Fader NIGHT

投稿日:

 北堀江club vijon
High Fader NIGHT、行ってきました

とはいえ
夕方までは納車だとか買い出しだとかで

結局vijonについたらmonocismが始まってた・・

これがもうほんと
気持ちいいんです
関西は不毛だ不毛だって言うけど
こんなきもちいい音、ちゃんとあるんです

ドーン、とかバーン、とか
そういう擬音じゃなくて
言葉で言い表せないけど

cruyff in the bedroomは
実は見るのは初めてで
きらきらしてる感じ
ビートも気持ちよいし
ハタさんのカリスマ性もかっこよい
脂が乗りすぎてて安易に感想なんてかけません

Lemon’s chairは機材トラブルなんかもあったけど
なんだろう、真心が伝わってくる感じ
ソナー、好きです

思えば
ライブの感想って書くのは苦手なんですけど

同じアーティストとしては
完全なるリスナーの目線に立てないので
単純に言えることは
シューゲイザーって、自宅の音響設備よりも
ライブハウスで聴くほうがいいに決まってるって
そう思います

アンプから、スピーカーから
壁とか跳ね返って
空間が鳴る

空間が鳴るのを
身体で聴いたら
ほんとにきもちよい

シューゲイザーって
とても男性的な音楽だなって思った

あと、言っては失礼だけども
このシーンの人って割と年齢層高いめ
なんでだろうねっていうところ
たとえ話が思いついたけど
下世話なので書くのはやーめた
直接きいてください

bigcakeの苗場食堂ナイトに行きたかったし
そのままvijonの打ち上げも行きたかったけど
明日は早いので帰宅

んで明日の楽曲をいじってたら
なかなか良い感じになった
自分好きすぎるのがキモいですよね

みんないろいろがんばってるなぁ
先輩方ががんばってるのに
じゃあもっと自分は頑張らなければ

PVの編集もようやく再開できそう
831の作品もそろそろ手をつけないと
今回は時間がかかりそうだし
ツアーはアレンジ変えるので
それもやらないといけないし

ポスターやらフライヤーやらまだまだいっぱい

まだギリギリ20代だもの
やれるはずさー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です