2010.03.20/21[Sat/Sun]@東京 高円寺AMPcafe [High Fader RECORDS presents“cafe de High Fader”]

投稿日:

[Live show]

2010.03.20/21[Sat/Sun]@東京 高円寺AMPcafe
[High Fader RECORDS presents“cafe de High Fader”]

– photo –
aya(from shelling) /keigo fusano
– live –
Lemon’s Chair / civic / Shelling / kanina
flau(20日のみ) /Lily of the valley(21日のみ) / hideka(21日のみ)

– movie –
yukino(from kanina)

– lounge DJ –
DJ AOKI

Lemon'sChaircivickanina
kaninalily of the valley

open/start 20日13:00〜18:00 /21日12:00〜17:00
adv/door 1,000/1drink500

高円寺AMPcafe http://www.koenji-high.com/ampcafe/

Lemon’s Chairと一緒に
東京遠征
スタジオでリハーサルして
Lemon’s Chairを迎えにいって
名神→新名神→東名
いつもの道

11時ぐらいだったかに高円寺に到着
ちょっと仮眠できるかなと思ったけど
結局10分くらいまどろんだだけで

本番が14時でちょっと早めだった

持ち時間が15分ということだったので
新しい楽曲を書いた

リズムなし
シンプルな鍵盤とギター、クラリネット、フルート

初めてプレイする楽曲というのは
だいたいいつも緊張する

構成がシンプルだし
セッティングもほぼ生音でシンプルなので
バランスだとかはそんなに考えなくていいものの

だからこその難しさもあって

まぁ楽曲というのは生もので
どんどん育っていくものだから
これからどうなるか、どうしていくのか
そういう感じだった

ぶちねこぽっけも上映した

映像が進むにつれて
会場で鼻をすする音が大きくなっていくのが
なんかおもしろかった

もちろんわたしは
大好きで、いい作品だと自分で思ってて
だからこそ披露するんだけども
それを見て
なんかを感じてくれてるのかなぁという感覚があるのは
すごく嬉しい

cafeライブで
終演も早い
打ち上げのスタートも早い
AMPcafeから近い居酒屋

関西弁丸出しの速いテンポの会話がはずんで
関東勢がほぼ無言になってしまうという状態
今更気づいたけども
関東の人と関西の人では
喋る早さが全然違う
仲の良いPresenceやurbansoleは
わたしたちの会話のスピードに着いてこれてしまうから
気付かなかったのだけど

まさかの高円寺で
グランシャトーの話題が出るとは思ってなかった
「高円寺じゃなくて、光善寺やな」なんて話をした

打ち上げのち、バストリオの人たちと軽くお茶
なんか面白いことがやれそうだった

さらにそののち
高円寺と言えばの二楽亭で
おなじみPOSのゆきさん、よっしー、肉番長とで
またもカルビ飲み

前回の二楽亭で
仲良くなった店員さんがまた居たので嬉しかった

えりこと2人でネカフェ潜伏
風が強くてネカフェのビルが揺れてた

2日目
出番はちょっと遅め
某USTスナックのみなさんが来てくれた

なんでかわからないけど
会ったこともない人のはずなのに
ぱっと見てその人だとわかってしまう

不思議

例の映像屋も来てくれたけど
ライブに間に合ってなかった
miraiちゃんもきてくれた
ゆきさんもよっしーもきてくれた
タクローくんもきてくれた

中華料理屋で打ち上がって帰還

礼儀とかって
当たり前のことだけど
意識しないとできなかったり
なんかいろいろ難しい

結局自分勝手な人間なんだなぁと思う

気分屋ってのはそういうことなんだろう

大人なんだから
ちゃんとしないといけないとは
わかっているんだけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です