おにくの祭典

投稿日:

どうしてそうなったのか

いまいちよくわかっていませんが

気づけば焼肉2daysでした

なんか今年入ってから肉ばっかり食ってる気がします
そんなに裕福でもないんですけどね

1日目は例の羊毛のおねえさんとおデート
場所はキタの半いきつけの安い・旨い焼肉屋
酒ものまずにひたすら肉を食い散らかし
隣の席の若い男性客がどん引きするぐらいの
オブラートなし、直球ガールズトークで盛り上がりました

もうね、ほんとに女子は怖いですよ

「ぶっちゃけトーク」だなんていうのが
生ぬるく感じるくらいに
かなり掘り下げた話をします

や、まぁ面白いんですけどね

塩と大蒜とコショウがべっとりのっかったロースがうまいんです

帰りの電車、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました
大蒜臭すいません

2日目は某靴屋のあいつ
こっちに来てるってことでメシでもいこうかーなんて
気づいたら鶴橋で
鶴橋といったら焼肉なわけで
まさかの2days
ちょっと高級めな肉屋でいただきました
ここもタンがうまいのなんの
くちの中に入れたはずのタンが
気づいたら消えてるんですよ
高円寺・二楽亭の例のカルビと、ここのタンを一緒に食べたいです

また帰りの電車、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました
大蒜臭すいません

あいたい人
あいたいと思ってくれてる人
それがいるっていうのは
幸せな事ですね

肉の食いすぎで腰が痛いです

人はなんで
自分が存在する意味や理由を
他人に求めるんだろう

自分ができない事を
他人に求めてしまうのはなぜなんだろう

自分自身を信用してないのに
他人に自分を信用してもらおうとするんだろう

なんで素直じゃないんだろう

助けて欲しいと思うなら
そう言えばいいのに
ネガティブな言葉でSOSを発信するんだろう

楽な方へ楽な方へ流れて

落ち込んでいることは辛いことだと思いますか?
落ち込んでいることが辛いんじゃない
落ち込んでいることを
隠して笑わなければならないことのほうが
辛いのに

ぐるんと一周まわって
なんかいろんなことがどうでもよくなって
心の皮膚が分厚くなって

楽しめるようになった

世界が自分を不必要だと言おうが
そんなことはどうでもよくて
自分は
自分で楽しいから
自分でいたいと思うし

それだけじゃ満足できないから
もっと楽しくなる為に
もっと自分の事を好きになる為に
考えることや、やりたい事があって

モノの見方や
考え方を
ほんの少し変えるだけで

それだけでいいのに

明日が怖くなくなったのは
「なんとかなるか」と思うからじゃなくて
自分のちからで
「なんとかする」からで

そうやって
何回も何回も同じことを言う

何回もね

全ては自分次第なんだと思う

そんなわたしは
明日というか6時間後に納品しなければならない仕事があって
明日が来るのがこわいんだとか
そんな場合ではなく
でも怖くないのは
「まぁ、なんとかこのまま寝ずにやって、なんとかすればいいや」と
思ってるわけです

いろんな要素
いろんな人が自分を育ててくれて
ほんとに
強くなったなぁと思うのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です