大酒飲み2010 in 花見

投稿日:

100405

飲んだ
その一言に尽きる

早朝なんだかなんだで4時ぐらいまで作業してて
ちょっと眠って
起きたのが7時20分
そっから支度

ヒキコモリが長くなってきて
外へ出る準備にものすごい時間がかかるようになった

大阪城公園のにおいの森だとかいうとこで
1件目の花見
halさんやらtm4cさんやら

みんなが手造りの料理やらおかしやらを持ち寄って
和やかなムード
豚の角煮やらパウンドケーキ、ガトーショコラ
コーヒーにパンナコッタ・・

平和

実に平和でした

大阪城野外音楽堂では
ブラスバンドの演奏会
ナイスミュージック、ナイスミール

13時くらいにおいとまして
一路梅田へ

喫茶店でちょいと時間をつぶし
スペシャルゲストの例の映像屋をピックアップして
2件目
荒くれ者の街、池田cityへ

会場はいつもの五月山
一見穏やかに見えたのだけど

駆けつけで
例のオルメカゴールドの瓶をくちにねじ込まれ
テキーラを流し込まれる

その後
猪の肉を食べたりなどで気を取り直すも

またワインなどを流し込まれる

この時点で割と酔いどれているにもかかわらず
例の映像屋を終電(21時34分)で送り出すために
なんとか気力で平常を装う

3件目、某池田市の駅から徒歩5分くらいのところにある
忍者の武器の名前の居酒屋へ

梅酒ロックなどを飲んで
ちょっとクールダウンするつもりなのに
酔いがまわって半寝状態

タクシーで4件目、新しくなった
某池田市のパンクバーへ

駆けつけでテキーラ2杯出されて
1杯目で撃沈、嘔吐
床にぶちまける

ヨタヨタしてるうちに
完全に終電を逃し
気づけば泥酔した神様が乱入し
なんだかもうもみくちゃになって
5件目、赤い地下室

ライトな感じの酒でやりすごし
泥酔の神様を送り届けようと試みるも挫折
メガネのあいつに押し付けて、終電&タクシーで帰宅

某映像屋とよしおをモジョりながら
朝まで真面目に(以外は毛髪の話)
仕事やら創作やらでしゃべり倒し
朝イチの新幹線に間に合うように新大阪へ送り届けて終了

撃沈
半二日酔い←今ココ

ひっさしぶりに飲んだ
若返った

ってちょっと思ったけど
よく考えたら年始の服屋の餅つきでも泥酔してたなぁ

なんだかんだで
たまには泥酔している

でもそれってけっこう自分の中では大事なことだったりする

自分が泥酔するということは
周りにたくさん人がいて、嬉しいということだから
そういう場に行くことができるのは
大事なことだ

楽しくってのむ酒は最高だ
みんな酔っ払ってるのは平和なことだ

某池田市の忍者の武器の名前の居酒屋の店先に
「あほ酒」と書いたちょうちんがぶらさがっていた
案外、深いことなのだ

毎年恒例の花見
いろんな人に久しぶりにあえて嬉しい
今年はだいたい「痩せたなぁ」と言われた
本当に6年だとか7年だとかぶりに会う人もいるし
でもその年月を感じさせないくらいに
普通にかんぱーい、だなんて言ってる

いっぱい話もできたし
なんせ、楽しかった

1日で何人と笑い合ったのか
わからないぐらいに

楽しすぎる人生で
笑いがとまりません
しあわせすぎて
これ以上求めるのはあつかましいんじゃないかってくらいです

あの人の子供がびっくりするぐらい大きくなってたり
あの人が泥酔して地べたに転がってたり
あいつに酒を浴びせられたり
あいつと話ができたり

うへへ

しゃーわせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です