昨夜の事件

投稿日:

昨夜、洗い物をしようと思ったら
湯がでないんです

まさか、ガス止められたかなと思ったんですが
ガスコンロは使える

ガス屋やら、給湯器メーカーやらに
深夜に問い合わせたんですが
どうにもならないってことになりまして

けども、翌日
つまり今日ですね
外出する用事がありましたので
なんとしても風呂に入らねばならない
(引きこもって仕事をしておりますので
風呂は2日に1回くらいです・・)

思い立って
鍋と電気ポットで湯を湧かして
浴槽に流し込む作戦にでました

途方も無い作業です
いつになったら湯が溜まるんやろう
なんて考えながら

そんなことをしていたわけです

昔から
「家電は殴ったら直る」という
言い伝えがありますので

深夜なのですが
ためにしに給湯器に
鉄拳を一発おみまいしてやったのです

そうしたら
まるでマンガか?と思うくらいの出来事で
給湯器がしっかり着火して
湯がでてきました

殴って直る、古い家電
どんな単純な作りやねん
と思ったりしたのです

教訓:古い家電は殴って直せ

でもね
思ったんです
鍋と電気ポットで湯をわかして
風呂を溜めようだなんて
三十路にもなって
そんなバカバカしいことを
本気で考えてチャレンジしてみる

そういう気持ちって大事かなと思うんです

たいした技術やクオリティではないかもしれませんが
人前で自分の作品を披露する生き方をしてる
夢をつくる人間が
夢を見てなくてどうすんの、と

「おまえ、アホやなぁ」っていわれるぐらいが
ちょうどいいんじゃないかと思うんです

オトナが
バカバカしいって思うようなことを
平気でやり続けたい
途方も無いことだったり
非合理的だったり

世界にはいろんな人間がいて
いろんな生き方してる

こういう生き方の人間がいても
いいと、思うんだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です