知る

投稿日:

先日、ヤフオクで5000円で落札した
フルートが届きまして

岡山の時にフルートで参加してくれたちくわさんに
運指などなど教えてもらいまして

楽曲で、フルートのパートを考えたりするんですが
実際にちゃんと楽器を扱ったことがなかったので

こうやって、触ってみるのは良いことだなーと思ったりします

なんも考えずにフレーズを作ってしまうと
運指的に難しくなったりだとか
そういうのを
実際に楽器を触ることで
いろいろと考え方もかわるかなと

まぁ、好奇心ももちろんありますしね

ところで
5000円のフルート
下の方のタンポがよくないみたいで
隙間ができてしまってるので
1オクターブ目のEの音くらいまで出ません

調整にだしたら良いのかなーとか思うけど
楽器本体の値段より高くなったら
それはそれでおもしろいですね

ライブで使おうと思ってた
1万円で買ったフリューゲルホルンも
1番ピストンの調子がよくないのです
これは自分で直せるかなぁ

ホルンはロータリーの調子悪いし・・

なんにせよ
調整にださないといけない楽器がかなりあります、ね
リードオルガンも調律したいしなぁ・・あとネジいっぱいなくなったし
ふいごのラバーシート劣化して穴あいてるし・・

でもDIY精神
自分でできそうなことは自分でやる
アナログ楽器だからこそできる事もあったりするのかなと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です