memo :  ドラえもん

投稿日:

ついったーのTLで
ドラえもんの話題が出て思った

自分たちの世代が
子供のころに見たアニメーション

それを

自分が親の立場になって
子供に見せてあげたいって思う

そう思える作品ってすごいなぁ

まぁ
ぼくは
既婚者でもなければ
子供もよしおくらいのもんですので

主観的には言えないんですけど

「子供に見せたい」って思える作品

もしかしたら
いま、ぼくらが見せてあげた子供が

おとなになって、親になった時

自分の子供に見せてあげたいって思うかもしれない

そうやって世代を越えて

「見せてあげたい」って思える作品

それってすごい

本当にすごい

すごいよ、藤子不二雄

作り手として

そう思ってもらえる作品を
はたして出すことができるんだろうか

なんだかんだで
kaninaのshort storyは
おとな向けのお話だ

ぶちねこぽっけも
案外おとな向けだったりする

ほんとに、こどもにむけた作品

そういうのにチャレンジしたいと思う

short storyのスタンスは
かわらないから
その可能性を持っているのは
ぶちねこぽっけなんだと思う

ぶちねこぽっけで
幼児向けの絵本を作ろうと企てています
羊毛の本をね、作ろうとおもって

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です