山ごもり初日

投稿日:

予告どうり

ラストスパートの為の
引きこもりを開始しました

引きこもりっていうか、山ごもりです
ある種の修行です

許される外出はスタジオのみ
必要なものは、スタジオ帰りに買いそろえとけ

精神力がへたれなので
これくらいやらないとダメだ

というか、間に合わないしw

うっかりおなかがすいて
モッツァレラチーズを買いに行きそうになりましたが
ここでこうやって公言してしまえば
言ったからには行けなくなりますし

決していままでさぼってたわけじゃないと思うんです
5月ぐらいからずっと忙しくて
あれ作る、これ作るで
目の前にあるものをこなしていくのが精一杯で
結局今回のアニメーションも手を付けることができたのは
7月入ってからで
そこから、プライベートの時間なんてほぼナシで
描いて描いて描きまくってきたけど
それでも間に合わないんだからしかたない

最近、ストレスがどうだとかで
暴飲暴食してしまいましただとか
寝てしまいましただとか

ほんとに精神ヘタレやなぁと思うのです

ストレスを言い訳にしてるだけやんと

心が弱いことを言い訳に自暴自棄になるのと同じ

それじゃあだめなんですよ

「あなたは強いから」って言われたことを思い出した

それ、違うと思う

弱いからがんばれるし
弱いからがんばろうと思える

そうやって
ちょっとずつ強くなってきて
でも強さが100になることはたぶん無いから

これも
何回か書いたことですが

人間というのは
生まれた時から
どっかにぽっかり穴が開いてるんですよ
三角だったり四角だったり丸だったりの穴が

そこに詰めるものを探してる

恋人だったり、家族だったり
仕事だったり、趣味だったり

ぴったり、詰まる人もいるけど
何を詰めてもあわない人もいる

わたしは何を詰めても
ぴったり合わなかったので
ずっとずっと探し続けてるんです
吐き出しながら探し続けてる

そしたら気づいたんです
どうも、作品というものは
その穴から出てくるんです

穴に何かを詰めて
塞いでしまったら
多分作品は出てこなくなるんです

満たされないからこそ
作り続けることができる

未完成な自分だからできることなのかもしれない

そんなふうに思ってます

まぁ、このたとえ話が
当てはまらない人もいるでしょうけど

人間はそれぞれですからね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です