本末転倒

投稿日:

今日を総括した言葉

本末転倒

総括、と言っても
まとめるほど出来事があったわけではなく

だって一日中家で絵描いてるんだもの
出来事なんてあるわけない

よしおと喧嘩した
忙しいのに、構え構えって鳴くから

それでも時間をさいて
ねこじゃらしで遊んであげてる
でもやつは足りないっていう

鳴けばとなりのあいつが壁を殴る

ほんとにイライラした

でも、それって本末転倒だなと思った
言葉の使い方が合ってるかどうかはいまいちわからないけど

よしおと、自分と
その中にある日々の事とか
そういうものを今書いているのに
よしおをないがしろにしてたら

あれ?何描いてるんだっけ?

そう、思うようになってしまう

だから仲直りに缶詰買って来た
最近グルメで困る
カリカリ食べずに、缶詰くれくれ言う
しかも缶詰、冷蔵庫にいれたやつは嫌とか言う

昼間にふと思った

はいてすてるかのように
次々に売り出される作品

勘違いしてた

ユーザがはいてすててるんじゃなくて

もしかしたらアーティストがはいてすててるんじゃないかって

37th時代の作品
もう演奏することもない

はいて、すてた
そういうことなんじゃないのかなぁって

そんなつもりはなくて
とても大事な楽曲達だけど
もう人前でプレイすることはないから
はいてすてたも同然

なんて
まわりくどい言い方になったけど
結局何が言いたいかって

やり続けてほしいなって思っただけ

わたしのiTunesに入れてる楽曲で
今でも演奏され続けているものって
案外、すくないかもしれない

アーティスト活動を
やめないでほしいなぁって
思っただけ

創作中には
ちぐはぐに
脈絡のない言葉が
いっぱい頭の中をぐるぐる巡る

痛いとか悲しいとか辛いとか
人間らしい感情が少なくなった

隣の人を迷惑だって思うぐらいのものだ
あと軽い育児ノイローゼぐらいのものだ

恋愛における独占欲的なものも
そんなものあったっけ?ってぐらいよくわからなくなった

弱いことは自慢すべきことじゃないし
かっこいいことでもなんでもない
弱いけどがんばってるからかっこいいんだ

よしおは上手に扇風機のスイッチを踏む
よしおがOFFにする、わたしがONにする
そしてまたよしおがOFFにする

べつに、だれのちからも必要としていないってわけじゃない

肯定的な記述が減ったのは
たぶん忙しくて心を亡くしてるから

大福が食べたくなるのは
脳を酷使しすぎて糖分が足りてないから

営利目的とかそんなんじゃないけど
たとえば5年後の自分を想像して
まだこの小さな部屋で、
厄介な隣人にイライラしながら
仕事やすんでコツコツ作業してるのかと思うと
それはそれでぞっとする

いつもいつも偉そうなこと言って
自分はちゃんとできてるのかって考えたら
かなりなにもできていないと思う
でもこれは日々思ったことの記録だから

今朝だったか、ふと2年くらい前の事を思い出した
あの時は真剣に落ち込んで
毎晩泣いてばかりいたけど
今考えるとくだらないと思ってしまう
そのくらい、今の自分は感情が凍結している

本当の意味で
本当に悲しいというのがどういうものだかよくわからなくなった
悲しいのではなくて、悲しんでいたいだけなんじゃないかと
3年前に、そう思っていたのかもしれない
悲しいという事を道具にしていたのかもしれない
だけどそれはもう自分の中だけに閉じ込めたから

家庭環境があまりよくなかったことも、病気のことも
わたしをもっと見てよって言うためだけの
道具だったのかもしれないね

その道具を使う必要がなくなった
わたしを見てよというよりも
わたしの作品を見てよって気持ちのほうが
今は強いからなのかもしれない

腰が痛いだとか頭が痛いだとか
歯が痛いだとかストレスがひどいだとか
そんな事を言いながら
こんなに頑張ってるから作品みてね、ってアピールしてる
そんな自分もたいがい気持ち悪いとも思う

でもあちこち痛いのは事実
残念なことに、それぐらいしか
身の回りの出来事が無い

もう4時かー
仮眠といたします

肩揉みロボとか500円ぐらいで売ってないかなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です