因果応報という言葉

投稿日:

因果応報という言葉があります
もともとは仏教用語で、意味が少しことなるのですが
現在広く知られてる意味としては
「善い行いをすれば善い事が返ってくる
 悪い行いをすれば悪い事が返ってくる」
となります
この言葉がいつも身にしみます
自分に善いことや悪いこと
何かが起きたときに
この言葉を考えると
過去に自分は何をして、現在の結果に結びついたのか
振り返るようになります
今、自分が傷ついているのなら
きっと過去に人を傷つけたからだと
今、自分が人に助けられているのなら
過去に人を助けたからだと
善い行いをすれば、善い事が結果として返ってくる
それは自分にとって得だからと、
利己的な考えで善い行いをするのは好きではありません
有名な人がよく言います
「しない善より、する偽善」
昔からそう思っていました
利己的な考えであっても、善い行いはするほうがいいんでしょうね
自分の身の回りに悪いことばかり起きると思ったら
それはきっと自分が過去に悪いことをしたからなんだろう
そう思うようにしています
「悪いことが起こったら、全部自分の責任だと思え」と
昔先輩にいわれました
それに近いような気がします
そうすれば、自分の中に改めるべき点というのが見つかると思います
不思議と
人にされたことをしてしまうのが人間です
今の自分がまさにそうです
善いことも、悪いことも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です