本日の絵本

投稿日:

よしおブログ、更新しますので
1時間後ぐらいに見てください
にゃんだーらんど
図書館へ行ってきました
もちろん行くのは絵本のコーナー
いやー、ステキな空間です
座敷(?)みたいになってるんですが
座り込んだら帰りたくなくなります
借りてきたのはこちら

ねこねてる
田島征三
これはすごいです
本当にすごいです
オチが完璧です
これぞ、ねこ
せりふは2パターンしかないのですが、完璧です

こねこのミヌー
作/フランソワーズ 訳/きしだえりこ
そのまんま、フランスの絵本です
おんなのことこねこのお話
ポップでいかにもヨーロッパなカラー
話の内容はちょっと切なかったです

ねこ さんびき
アン・ブルイヤール
起承転結が完璧な、ショートコントのような絵本
セリフは一切なし
3匹の猫と、3匹の魚のお話
シュールといえばシュール
というか、完全にシュール

ねこくん、わが家をめざす
作/ケイト・バンクス 絵/ゲオルグ・ハレンスレーベン 訳/今江祥智
これはすばらしい絵本
猫の旅のお話なのですが
絵がほんとにすばらしい
とても絵画的な感じ
「リサとガスパール」の方が書いておられます
とてもフランスでした
買ってない本は、手元に残らないから
こうやって書き残しておこう
あとで買うつもりで・・
気のせいかもしれないけど
絵本に登場する猫は
よしお柄の子が多い
ついつい「お、こいつよしお柄やんか」と探してしまう
親ばかもたいがいですね
歳とってからやりたいことができた
猫の絵本やら本やら雑貨やらをたくさん集めて
猫が集うねこカフェをやりたいなーとか
思ってみたり
まだまだ先でいいけど
よしおが生きている間にやりたいなぁ
がんばってあと20年ぐらい生きてくれ
そんで、よしおの血を絶やさぬように
本気で嫁探しをはじめようと思う
えーっと、おなかいたい
よしおのブログを書いたら作業にもどりまーす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です