365

投稿日:

1年前の自分は
忘れなければ進めなかった
だからとにかく何かをしてた
今の自分には
忘れなければ進めない事はなにもなく
安息の日々に埋もれてる
何故、今日が今日になったのかを
思い出さなければならない
切り取られた時間の中にねもるものを
二十数年前から
今にいたるまでにおこった
さまざまなこと
とりとめもなく
ぽつりぽつりと浮かんでくる
田舎の栗が食べたくなったので
母に連絡した
「安心」ほど
恐ろしいものはない
自分が自分でなくなるようで
恐ろしい安心は
安心ではない
激動の中にこそ
本物があったのだろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です