病院、思ったこと

投稿日:

みなさんこんばんは
体調はようやく回復に向かっている感じです
膨大な時間をごろごろして過ごしました
そういや
6月のイベント前にも体調を崩して
膨大な時間を療養にあて
最終的に一週間徹夜という悲惨な目にあった気がします
そして今回も同じことが起こりそうな気がします
ムンムンします
近所にある、けっこうでかい病院に行ったのです
前々から思ってたんですが
でかい病院ってなんであんなに待ち時間が長いのですか?
受付してもらってから診察して薬もらって代金払うまで
たぶん3時間近くかかりました
どういう仕組みでそうなってるのかは謎ですけども
お前らアホかと言ってやりたい
病院なんてものは、病人の行くところです
つまり、熱があったりだとかなんだとかいろんな理由で
日常生活上でのごく普通の行動に支障がきている人たちですよ
そんな病人を
商用バンの2列目のベンチシートみたいな
背もたれの小さい直角に近い角度の安っぽい椅子に
何時間も座らせて待たせるんですよ
昔、真冬の真夜中にインフルエンザにかかって
熱が40度オーバーだったにもかかわらず
同じように寒い待ち合いのベンチで何時間も待たされました
こっちは保険料と医療費払って来てるのに
なんという上から目線
「俺たち、看てやってんだぜ」と言わんばかり
まぁまだ自分はある程度若いし体力もあるからいいけど
老人とかはもう見ててかわいそう
車いすに座ってるだけでもキツそうなじいちゃんが
耐えかねて、ベンチシートに横になってて
「診察します」と叩き起こされて
やっとの思いで車いすに座り直したら
またそのまま10分ほど待たされて・・
この上なく段取り悪い
まぁそんなこんなでイライラしながら自分が診察される番
診察室に入るなり医者の携帯電話が鳴る
「あ、まだ外来中なんでー・・」
イラッ・・
「ノドの状態見ますんでー」といって
医者が手に取ったのは体温計
あー、間違えたという顔でヘラみたいなん取り出す・・
イラッ・・
あやうく人間不信になるところでした
いろんな病院もありますし
いろんな医者もいますから
すべてがそうというわけではないですけども
なんだか今回ががっかりしたな、というお話でした
そしてベンチシートに寝てたじいちゃんのお話ですが
じいちゃんには付き添いでばぁちゃんがいました
じいちゃんをベンチシートに寝かせる時も
車いすに座らせる時も、ひとりじゃ無理なので
このばあちゃんが手伝っていました
しかしばあちゃんも高齢で非力な感じ
手伝ったほうがいいのかなーとか思いながら一部始終を見ていました
するとそのさらに前のベンチシートに座った
30代後半ぐらいの夫婦が「手伝いましょうか?」と
ばあちゃんに声をかけていました
ばあちゃんは「大丈夫です」といって一人でなんとかしていました
どうなんかなー、どうなんかなーと
いろいろ考えましたがこたえは出ませんでした
障害者や介護の必要なお年寄りを
よってたかってワラワラーと手助けしすぎるのは
かえって悪いことなんじゃないかなとかもちょっと思ったりします
頑張ってできることは自分でしたほうがいい
頑張ってそれでもできないことがあったらすこし手伝う
そうしないと、お年寄りの方はとくに
何も出来なくなる状態が来ることを早めてしまうように思います
そんなこんなを考えていて
結局なにもしませんでした
うーん、でも手伝えばよかったかなとか
今は思います
そんなこんなで
体調は少しずつ回復してきてはいるものの
機嫌はそうとう悪く
口内炎がありえないほどに巨大化して
さっきサイズを計ったら
縦1cm横7mmでもうどうしようもない具合でした
しかもさっき晩ご飯食べてる時に
この口内炎噛んでしまいました、ありえない
真剣に耳鼻咽喉科に行こうかとか迷ってしまうほどです
まぁ
日頃から自己管理をして、病院に行かなくてもよいようにしとけ
ってことですね
生活不規則だから無理ですね、ちーん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です