握り締めた拳をひらき、その手のひらで、隣にある拳をつつんであげよう

投稿日:

自宅に帰ってきたのが20時過ぎで
結局この時間まで
ニュースを読み漁ったり動画を見るのに費やしてしまった
絵を描くはずだったのに
天安門事件についてのウェブサイトや動画を見ていた
とても悲しい
19年前のお話
共産主義がどういうものかあまりよく知らないけど
プロパガンダの鉄壁の内側に
死者として数えられることもなく、埋葬されることもなかった人
隣人の背中を鉛玉で打つ悲しみ
真実を知ることを許されない環境
真実を語ることを許されない環境
あなたの隣には大切な人がいます
家族であったり、恋人であったり、友人であったり
その家族や恋人、友人の隣にもまた
大切な人がいます
そしてその人の隣にも
憎しみから得るものもあるかもしれない
それよりも
慈愛から得るものを大切にしたい
こんな島国の都会に生きてるぼくの隣にも
自由を奪われた僧侶の隣にも
自由を奪った独裁者の隣にも
大切な人がいて
本当の平和とは
本当の自由とは
争いからは生まれないんだろう
あなたがあなたを許せますように
オリンピックが世界中の人々の手によって
平和の祭典へと変わって
チベットにも
中国にも
すべての国にも
平和が訪れればいいのに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です