物語は人生、歌は日々

投稿日:

言葉に迷った僕は
日々を描けばいいと
思い出した
物語
それはぼくの人生そのもの
書き綴る歌は
日々の記録
何を伝えたいのか
それは
ぼくの人生であり
ぼくの日々であり
ぼくが今生きているということ
アコースティックで演奏する楽曲に
言葉をかきました
emau
嵐は去って凪いだ波
傷ついた手を天にかざす
やわらかな足音がきこえる
終わらない終わりのはじまり
咲まうちいさな白い花
やがては幾千となり地を染める
咲まうちいさな白い花
やがては幾万となり地を染める
僕が僕である意味と
君が君である意味を
過ちも罪も消えぬまま
優しく変わってゆくもの
耳元でしあわせの鈴が鳴る
そう、それでいい
日々の記録でいい
それが
ぼく自身

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です