煮物

投稿日:

煮詰まった
風呂でも入って気分転換しよう
a short story第2話
序章—第1章—第2章—第3章—終章
                ↑いまこのへん
はい、終章には
お待ちかねの轟音バーストやりますよ
ワンパターンかもしれんけど
気持ちいいからいいのだ
06のフジロックのmogwaiの
轟音バーストを見せてもらった
あれはやばいね
鳥肌とかそんなレベルじゃないね
昇天だね
なんなら轟音用の編成とかもつくっちゃう?
ギターあと2人ぐらい入れてね
アンプの合計9台とかね
もう最低やね
でも楽しすぎるね
耳栓いるね、どうかんがえても
才能なんてねーです
全くねーです
好きな感じの音をいっこずつ置いてってるだけです
自分の作るものが好きといえるのは
とってもすばらしいことで
とっても大事なことだ
37thの後期では
それを見失ってて
でもまたこうやって思い出せてうれしい
新しい作品を作るのは怖い
今ある作品よりも
愛してやれなかったらどうしようって
正直第2話、駄作やとか言われるやろうな
とか思ってたけど
作っていくうちに
どんどん好きになってきた
「自信」ていうものの
最初の一歩は
これなんじゃないかなと思う
こういう気持ちが
やがては「自信」ていうものに育つんじゃないかと
やれ、どこまでできたとか
やれ、何をつくったとか
その手の文章が多いらしいです
別にかまってかまってのあらわれじゃないです
報告したいだけです
携帯洗濯事件以来
親友のアイツの連絡先がわからなくなりました
お前です、お前
見てたら連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です