>Re:

投稿日:

昔の日記を読み漁ったり
昔の音を聴いたり
音の記憶
それ聴いただけで
周りの空気があん時になる
昼間の京阪電車
駅から続く長い下り坂
春の日差し
よく言ってる言葉でいうと
ひとりめの自分が死んで
ふたりめの自分になったときのこと
あの頃より
ちょっとは心が強くなったつもりです
古い日記を読み返して
おもしろかったのは
どうやらあの頃も常に寝不足だったってことです
眠い眠い、寝てない、寝ないとやばい
そんなことがだいたい書いてあります
全然今にはじまったことじゃないです
chaos_idionationも
もう2年半ぐらいになりますが
きっとここにも
眠い眠い寝てないと書いてあるんでしょう
そして実際
今も眠いです
1995年から続く
日々の記録
人生の半分近くを記録した記録
あと2年で半分かー
さて、そろそろ洗濯が終わってるころだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です