20080207@北堀江club vijon[slow hood]

投稿日:

通算5回目のソロライブ
いいかげんなれてもいいころなのに
ひとりのステージはやっぱり
必要以上に緊張します
dagur
water
farfugl
stjarna
sing
緊張しすぎて
声がうわずってた
パンクの魂を鶏の心に植え付けてる感じ
案外小心者なのです
小心者な上に
ソロとしてのキャリアはぺらっぺらのぼくですが
なぜかトリをつとめたライブです
数年ぶりに会った兄貴に
「MC何しゃべってるかわからん」とおこられました
それも実はむかしっからです・・
vijonの店長MTFGさんと話をしてて
kaninaとしてもアコースティックをやってみたいという事を言いました
けっこう電気に頼りっぱなしのkanina
というかぼく
本当に電気を一切つかわない楽器で
アコースティックをやってみたいなぁと思います
理想としては
足踏みオルガン、グロッケン、バイオリンのユニットで
その編成で
カフェや小学校、幼稚園で演奏してみたいものです
腕をあげないことには
どうにもなりませんね
うーぬ
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です