おわりなきたび

投稿日:

あと何枚描いたら
終るんだろう
あと何曲作ったら
楽になるんだろう
終わりはない
いろんなものが
自分の思い描いていたかたちに近づいていく
わたしには
いろんな顔がある
みんなと一緒に下世話なこと言ってわらってる自分
人に会えないぐらいふさぎ込んでいる自分
ステージで歌っている自分
仕事してる自分
プライベートでだれてる自分
真面目な自分
汚い自分
いろんな顔
それとおんなじように
歌を歌ってる自分
音を作っている自分
絵を描いている自分
写真を撮っている自分
空想している自分
言葉を書いている自分
ぜんぶ
じぶん
それを
みんなが
肯定してくれているから
わたしの選ぶ表現方法はひとつじゃなく
すべてをつかって
ひとつの自分
枠からはみでているぐらいがちょうどいい
バンドマンって言葉はあんまし好きじゃない
統一感なんて必要ないもの
統一感のないように見えて
ひとつの塊になってるから
「わたし」という塊になってるから
「あの人は何?」
「ああ、バンドマンの人」
「ああ、絵描きの人」
そんなんじゃない
「あの人は何?」
「ユキノって人」
それがいい
わたしは
わたしを表現してる人
もっと見たい
そん中
もっと聴きたい
その声
もっと知りたい
楽しいから
くるりがききたくなった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です