2001年、21歳の僕

投稿日:

何度も書いた
何度も泣いた
貴女のやさしさに
モウナカマハズレニハナリタクナイノ
トラウマともいえる
古い古い傷跡
不眠、肝機能障害
人道はずれた行動によってできた
消えない傷跡
あの頃の僕は
嫉妬と恐怖に支配され
貴女を追いつめ傷つけました
見て見ぬ振りをした現実
受け止めることができなかった現実
半年後、真実を告げた貴女を
恨み、軽蔑し
僕の痛みを背負って生きろと呪った
だけど
気付くことができた
それは
僕を一番に考え、心配し
悩んだすえにつくりだされた
やさしい嘘だったという事に
頭のおかしくなった僕をみて
心配し、本気で言い争った2人
ひた隠しにした事実
あの時
僕のちからが至らなかった所為で
君たちを苦しめる結果となった事を
僕は悔いています
フラッシュバックする記憶
貴女から
僕を叱ってよ
おなじ過ちをくりかえした
僕を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です