投稿日:

名古屋は
大雨
雷が鳴って
路地で
雨にぬれた
のらねこがいた
とても
やせ細っていて
店の軒先で
雨宿りしていた
ごめんね
わたしは何もしてあげられない
朝ね
高速道路を
走っていたら
鳥が
低い空を
飛んできて
思わず
大きな声をあげた
その直後
車の屋根に
ぶつかる音がした
身体が
一瞬でこわばった
時速100キロの車は
止まることなく
走り続けて
多分わたしは
ちいさな命を
奪ったんだろう
怖くて足が震えて
いろんな事が
頭をめぐって
人は何度でも
過ちを犯す
ごめんなさい
ごめんなさい
なのにね
リハーサルが終わってから
わたしは
豚肉食べたんだよ
そしで
ずぶ濡れの
のらねこは
気がついたら
いなくなってて
なんも
できない
人としてね
なんか
大事な感覚が
麻痺してる
ごめんなさい
本当に
ごめんなさい
わたし自身が痛むほうが
ずっと楽だ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です