投稿日:

ひとりぼっちの
家に
帰りたくなくて
駅からゆっくり
歩く
まだ生温い夜風
孤独に慣れよう
野良猫になる
道路の真ん中で
立ち止まり
流れてゆく車をにらみつける
膨れた感情の矛先は
行くあてもなく
結局
僕の帰る場所は
ここしかなくて
明日どう生きるかよりも
今日の残りをどう生きるかに
とらわれる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です