只、呆然と 只、漠然と

投稿日:

気怠い日常
常に体内に或る微熱
外から見た僕を想像してみた
少なくとも
声は
届いているだろう
悪くない
もっと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です