右往左往

投稿日:

右往左往
上がったり下がったり
目を閉じて
10数えて
そんで目をあけたら
6月1日
だったらいいのに
流れの悪いのを
全部五月の所為にして
ゆっくり
泥のように
ねむりたい
一喜一憂
ぐるんぐるんに走り回って
僕はもうくたくた
だけど
心のどこかでは
それを望んでいて
僕は仔猫のように
おびえて
うずくまる
捨てないで
捨てないで
もっとミルクをちょうだいよ
根本の解決はもう無理なのかな?
君は一緒に考えてくれたけど
僕はまだわからないよ
我慢
我慢
不安を綴ったって仕方ない
だって僕らは歩いているから
尽きる事はないから
帰り道
きよしを飛ばして
大声で叫んだ
あのライトの下で叫んでるみたいに
黒い塊が
ちょっとだけ出た
ちょっとだけすっきりした
これからも
今までと変わりなく
何度でもやってくる五月を
何度でも
何度でも
乗り越える
泣きながら
笑いながら
ここは
ジャスミンの香りは
届かない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です