あわただしく過ぎ行く師走、あわただしく過ぎ行く人々

投稿日:

昼過ぎに目覚め、いろいろと買い物にいってきた
年末は何かと物入りだ
大掃除のための掃除用具だとか
食料品だとかを買い込んだ
玉出に行ってみた
夕方4時、もっとも込み合う時間
店内を見渡すと「1円」と大きく書いたPOPが並び
おじちゃんやおばちゃんが
年末ならではの商材、京芋や金時人参、白みそや紅白かまぼこなどを
黄色いかごに大量に詰め込んでいる
歳末の空気がただよう
おせち料理を作るんだろうか、お雑煮をつくるんだろうか
大勢の人でにぎわっていた
僕はというと、昨日の影響もあり
連休のまっただ中という事で
あまり、時間の感覚がなく
そして年末だという実感もあまりない
きっとテレビをつけると、いかにも年末らしい番組構成であったりするのだろう
今年はどんな年でしたか?
来年はどんな年にしたいですか?
そんな事を考えながら
2年連続で果たせなかった大掃除にいそしむのだった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です