故郷

投稿日:

昨日ふと思いたって
実家に帰ってみた
半年振りだろうか
そんなに永い間帰ってなかったわけじゃないのに
街並みは変化を続けていた
そんなに遠く離れているわけじゃないのに
何かが手の届かないところにあるような気がした
嫌悪
戻りたくないから
頑張るしかない
electraglideに向かう途中のお話
母からメールがきた
本文はなく、件名の欄に
「今、仕事か?」
という文章のみ
慌てている様子だったので
すぐに電話してみると
「大阪市内で、若い女性が老人を轢き逃げして
逃走中ってニュースでやっててんけど
まさか、あんたちがうやろな?」
ありえへん
実の娘を轢き逃げ犯と疑いやがった
むしろ轢き逃げされたと心配するのが普通ちゃうか?
ひろしも横で大笑い
ちょっと情けない
その後日談を聞いたのだが
轢き逃げの翌日
母のもとに父から連絡がはいったらしく
「昨日轢き逃げのニュース見たんやけど・・まさか・・」
オマエラ、大馬鹿者
ふたり揃って娘を犯罪者扱いかよ
あまりに情けなくなって腹が立ったので
「轢き逃げしてもて、金がないから送って」
と、父に伝えてもらうことにした
まぁ、みんな離ればなれになったけど
心配してもらってるのは有り難いが
それは余計な心配だと言ってやりたい
子供たちに初めて会った
3兄弟の名前は「ぽん・ぽこ・りん」だそうな
しかし、「ぽこ」の柄がカーテンの様に見えるので
ぽこは「カーテン」と呼んでいるそうな
3匹とも柄が全くちがう
りんは母親似の虎模様
ぽんは白い虎模様
カーテンは白と黒の牛模様
仲良く走り回っていた
20051202_98092.jpg
3兄弟で僕を覗き込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です