目に映る世界

投稿日:

F→C large selection'(R.I.P)のふっきゃんが
今日西海岸から帰国して
ケンちゃんの家に泊まるということで
ちょっとメシなと食いにいった
道頓堀風月
お好み焼きをつつきながら
他愛も無い話をする
すこし日焼けした彼は
ロスで見てきたものについて
ゆっくりとした独特の徳島弁で語ってくれた
マッチョビーチや、SUISIDALのライブ
バス待ちしているゲイや、スケーターの少年
レストランで働いているチャイニーズの女性
高野山米国支部や地下鉄やタクシー
帰りの飛行機で隣に座ったコリアンのおっさん
話に道筋はなく
見たものをひとつひとつ語ってくれた
僕が見たことのないものを
頭の中で思い描き
思いを馳せる
見たもの
目に焼き付けた景色
自分からは異世界の風景でも
それを日常としている人もいて
僕らが普段見ているものを
異世界ととらえる人もいて
何をどれだけ見たのか
見たものひとつひとつは
直接何かに結びつく生産性のあるものではないかもしれない
ただ
自分は生きて、これだけたくさんのものを見た
という経験は
きっと大きな財産になるんだろう
だからこそ
見たものを記録したいと思う
方法はなんだってあるさ
見たものひとつひとつを
無駄にしたくないんだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です