flower、窓辺の花

投稿日:

あの頃の僕は
ひとりぼっちだと思っていました
とてもとても孤独でした
泣いてばかりいました
いまならきっとわかるのに
いまならきっとみえるのに
あの頃の僕にはわかりませんでした
ごめんなさい
ありがとう
どちらもいいたい
いまならいえる
まだ少し痛いけど
嫌な痛みと、そうでない痛みがある
いがみ合ったけど
僕らは孤独じゃなかったんだろう
少なくとも
僕は
その痛みが今を産んだんだろう
優しすぎて
優しすぎて
痛い
振り返るにはまだ早い
僕には
くちずさむこともできないほどに
息苦しくて涙がでる歌があります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です