21歳の僕 volume2:20011021

投稿日:

21歳の僕が
25歳の僕を
励ましてくれた
「まだ歩ける」
そう言っていた
大事なことはいつも
過去の僕が思い出させてくれる
そうか
僕は真実の言葉を失っていた
真実の言葉を
この声で
それをいいつづけたいんだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です