@心斎橋JETS[1969 vol.2]

投稿日:

比叡斬のイベント。
入りの前に石橋楽器でアンプ買った。
オトナの特権を使ってしまった。
1年間がんばります。
MarshallのJCM2000です。普通のほうのやつ。
でも色は赤です。真っ赤です。
で、どーせローンやし・・って事で
ケーブル類を全部custom audioにしてやりました。
たぶんこれだけでもけっこういいお値段です。
で、アンプを一人で運べずにタクシー乗ってJETSへ。
おはようございますーって入っていったら
拓郎君がいるじゃないですか・・・
急遽、出演する事になったようで。
うれしい事件でした。
箱入りアンプを運んだせいで
左腕の筋肉が極端に疲労して
握力がでない
ネックを握ってもちからが入らないので
弦を押さえられない
えらいこっちゃ
スタートまでぶらぶらしてた
いろんな人に会った
DROPではメガがライブやし
KINGCORAではボカンがワンマンやし
歩いてたら普通に遭遇した。
アメ村やからありえた光景ですね。
隣接しすぎやねん、ライブハウスが。
拓郎君はやっぱりステキだった。
曲も声もステキだ。
ウサギは
記憶
霧の海
青の夢の果てにみるもの
1979
というセットリスト。
ほぼノンストップで進めてみましたけども
間髪入れたほうがよかったかなぁという気もします。
明らかに動揺してたしな・・・
変なプレッシャーがあった。
心地よい緊張感ではなかった。
肩にムダに力が入る感じ。
説教はいつもどうり好調なんですけどね。
比叡斬はもうイキオイで。
ウサギARMYも一役買って盛り上がった感じ。
この日はこういうライブ
ってのがあると思う。
外音だとか演奏だとか
そういうんではなくて。
まぁ
そんで
呑みました。
チンとかゆってのみました。
バカばっかりです。
打ち上げの和民でswabuzzに会った。
「ギリギリ20代しゃべり場」が開催された
拓郎君とはじめ君と僕です。
けっこう核心を突かれてしまった。
そう、そうなんですよ
えぐれない。
それは多分
どれだけ覆い隠そうとしても見えてしまう
僕自身の乾いた感情が原因だと思う。
どれだけアッパーになっても
どれだけダウナーになっても
リミッターを外せないんですよ。
外したこともないし、外し方も知らないし。
それが原因なんですよ、きっと。
外したいんだけどね。
ただいま、両腕の筋肉痛に悩まされています。
昨日のアンプ運搬の反動がきてます。
あと、身体ごっつしんどいです。
でも全部抱えて飛ぶってこういうことですよきっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です