世界の社窓から

投稿日:

あたまが無駄によく回る
必要以上に「何故」がでてくる
できれば
思考をとめたい
脳を有刺鉄線で縛り付ける
時々
自分の手が偽物に見える
何の偽物かはわからないけど
本来、そこにあるべきものに見えなくなる
精巧につくられた機械の手
その感覚はやがて身体全部を浸食し
僕の思考は
温度の感じられないものをつくりだす
人になったり機械になったり
ややこしい


とめて
つなぎとめて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です