本の虫

投稿日:

このところ、電気をつけたまま寝てしまう事が多く
それによって眠りが浅く、慢性的に睡眠不足で、
常時おそいくる眠気のせいで仕事にまったくやる気がでない。
仕事にやる気がないのはいつもの事だけど、兎に角、ない。
特に今日という日はさんざんで
デスクに座るも、必要なものがそろわないため
仕事があるにもかかわらず、仕事をすることができない。
さらにサーバがダウンしたためにPCも取り上げられてしまって
もうなす術もなく、やむを得ずに早々に帰宅。
早い時間なので、心斎橋までいってみた。
もともと目的があったので、ヴィレッジ・バンガードへいった。
目的のものを手にとったあと、店内をぐるぐると巡った。
みるからに変な、どのように使うのかわからない雑貨
色とりどり、所狭しと並べられた写真集
天井からぶら下げられた、謎のTシャツ
謎のフィギュア、謎の漫画、謎のCD、謎の文庫本
そのどれもが僕の興味をそそる
ああ、お金があったら目についたもの全部手に入れるのに
しかし僕の経済は破たん寸前
ふつふつと沸き上がる物欲を押さえて
1冊だけ、文庫本を買った。
寺岡修司の「幸福論」
これは、会社の子に借りた
鈴木いづみの「ハートに火をつけて!だれか消す」を
読んだ後に読むことにしようと思う。
何月何日、どこのライブハウスに出演
その次はどこのライブハウス
今日はこの本、次はこの本
どこか似た関係だと思った。
おわかりの通り、今僕は「本の虫」という虫になっている。
ほら、いつもの文章とは雰囲気が違うでしょう。
「何かの本」のように意識してキーボードを打っているから。
僕が持っている文章の雰囲気を、意図的に変化させる。
自分自身のスタイルそのものを意図的に変化させる気はないけど
今はこういう事を書くのが楽しいと感じるのは事実。
僕の脳内の辞書に、単語がすこしづつ書き足されていくのが。
今は、身につける貴金属や服や鞄や靴よりも
身につける知識のほうが欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です