ねじをまく

投稿日:

思考を止めろ
思考を止めろ
僕はみんなに不幸や面倒ごとしか
運ぶことができないの?
本当の僕であることでみんなを振り回してしまうのなら
僕は僕を冷却しなければ
みんなとずっと一緒にいれないの?
というような悪い思考が振り払っても振り払っても生まれてくるので
僕の意思、思考を止めるために
僕以外の人間の意思、思考を頭の中に流し込む作業をした。
とりあえずマンガ読んだ
だけど間がもたなくて
去年買ったけど読まずに置いていた
「ねじまき鳥クロニクル」を読むことにした
この僕が
5時間かかって1冊しか読めなかった
1冊目の感想をとりあえず書いてみる
ストーリーで読むタイプではない
明確な起承転結があるストーリーではない
ひとつの日常というか生活の中にちりばめられた
それぞれの意思、思考、疑問、結論
そういったものを汲み取る読み物
一見、淡々とした文章の中の一言に託された真意
それに読み手の感情なりがリンクする
今まで一時停止させていた思考が動き出す
だめだ、止めないと
ほら、朝がきたよ
僕、いつも笑ってたらいいのかな?
みんなの事を考えると
思考を止めて笑ってたらいいのかな?
いつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつも
心配かけてごめんね
だけど僕は寸前のところで
表面張力で
今の外核、内核を保っているだけで
あと一滴でも入ってくると
あふれてしまう
覆水は盆には返らない
笑えよ
だから、笑えよ
こんな僕をここにいさせてくれてるみんなを思うなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です