不幸ごっこにはなりたくない、幸せとは探すものではなく気付くもの。

投稿日:

はい、どうも昆虫の王様カブトムシことユキノです。
慢性的な睡眠不足が悩みの種です。
不眠症というわけではなく、睡眠に使える時間が極端に短いだけです。
僕がまだ蛙だった頃ちいちゃんに
「ゆきのは自信がなさすぎる」と言われたことがあります。
同じことを、ます君に言われてしまいました。
そうかもしれませんね。
だからいつも怯えているんですね。
トシはとったけど
あの頃と何も変わっていないんだろう。
人はいかにして自信を手にするか
という事はカコニッキに書いたので語りませんが
僕はそれでも未だに扉を開けることができません。
ボクハキミニハナシテモイイノ?
それでもすこしずつ
すこしずつ世界はひらけてきていると思います。
あの事を話した君はそれでも僕と一緒にいてくれるでしょ。
僕らは毎日を歩いているから
満足する事はきっとなくて
だから毎日を歩くことができるわけで
自信ていうものは
僕は勘違いしていたのかもしれないです
「満ち足りた自信」なんてものはなくて
「未来を見ることができる自信」なんだと思います
自信とは完璧ということではないと思います
未来に光をあてる事ができるちからを自信というのだと思います
それなら、きっと
少しくらいはこの手の中にあるように思います
わがままをいうのではなく
すこしくらいはトゲのある言葉でも
僕の手の中にあるものはきっと素敵な明日をみせるちからがあると
君ならきっと信じてくれると
そう、思うことが
自信
なんだろう
もっと動け、僕の足
そういう事が
恋愛にも適用できるようになればいいかなとか
若干思ったりもしますがー
まぁそれはおいおいで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です