うつろな意識と、身体にのこる微熱

投稿日:

昨日は江坂でライブ
十分な睡眠を確保できたので体調はまずまず
近頃、連敗続きだったので
この低迷した状況を打破しようと意気込みはそこそこ十分
ギリギリにswallowtailbuzzの出演が決まって
ちょっと心強かった
小春日和で空がすごい奇麗だった
ブーミンの、楽屋に続く屋上はすごく気持ちいい
ひたすら青くて青くて、カメラを持ってこなかった自分に後悔した
日が落ちるのも見た
奇麗だった
普段見ることがなくなった、そういう時間の流れを見たので
すごく良いテンションだった
ライブが始まって、歪む音を聴いてテンションも最高潮
「今日は絶対高く飛べる」
そう直感した
SEが止まって、時間がすこしだけ止まって
ギターを弾いた
(1曲目が「記憶」だと無駄に緊張するのは、ギターがへたくそだから)
青い光があたりを包んで
轟音がなりひびく
最高に気持ち良かった
そして、最高に楽しかった
その嬉しさを言葉にしたくてたまらなかった
最後の曲が終わって、ギターが止まって
「ありがとうございます」おじぎをしてまっすぐ前を見た
「今日よかった」
そして僕らは拳をつきあわせた
見にきてくれた人に「今日良かったです」
そういってもらうのは嬉しい
けど、メンバーが「今日良かった」という事のほうが
僕は正直嬉しい
僕の人生は決して成功しているわけでもないし
そんなに恵まれているわけでもない
けど、ほかに例えようのない「気持ち良さ」を
体感できるポジションにいる事は
誰にも負けないくらい幸せな事だと思う
もしその幸せをうとましく思う人がいるのなら
その両手を前につきだしてみればいいのだと思う
本当にその幸せを手に入れたいと思うのなら
僕は欲張りなので
もっともっと手に入れたい
その為には両手を前にのばすだけじゃなく
努力をしないといけない
それは、次のステップ
まず、一歩前にでればいいのだと思う
40の気持ちと10の努力で50のものを手に入れられる
じゃあ100の気持ちと100の努力があれば
200のものを手に入れられる
もっと
もっと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です