豆腐にノドをやかれた翌日の憂鬱

投稿日:

仕事とかその他もろもろで普通に凹んで
薬盛ったりして不毛な感じでしたけど
ギター持ったらテンションあがって
なんか、古い音源を聴き漁った
今の兎から初期の兎、蛙・・・
自分の音楽史を振り返ってみた
『いい曲』ってのはいつになっても全然色あせない
普通の人が聴いても、そんなふうには思わないかもしれないけど
自分がつくった、自分が愛した曲は
やっぱりいいもので
いろんなもんが込み上げてきた
17の時に弾けないギターもってパワーコードで作った曲
1年のスランプを経て得た曲
自分の撮った写真をみて思って作った曲
この8年間をその『自分の作った、自分達の作った曲』で振り返った
あの時どれほどまでに人を憎んで自分を傷付け
今に至ったかなんてはかりしれないけど
今たしかに自分はここにいて
その『思い出』を愛しく思えてる
『継続は力なり』
そういう言葉が浮かんだ
・・・いいたい言葉がいっぱいありすぎて
なにを書いていいのかわからんくなってきたけど
本当にこの8年間は何事にもかえがたい
すごく大事なものなんだと思う
そして、その8年が10年になり
20年になっていけばいいなと思う
『音楽』というひとつの手段で
こんなにもたくさんのものを得ることができて
自分は本当に幸せだと思う
今つくっているものも
いつか、そんな風に思えたらいいなと思う
だから、いつでもぜんしんぜんれい(変換でないや)
命、削ってく覚悟で
過去はさ、美しくみえるものやけど
あの時は本当に憎んで、殺してやりたいと思ってたけど
今は本当に全てがよかったんだと思えるよ
だから、素敵な曲を一緒に作り上げてくれてありがとう
そして今は素敵な人たちと、もっと素敵だと思えるようなものを作っているよ
本当に本当に本当に本当にありがとう
と、めんとむかって言えないのでここに書きま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です