ブルーマンデー

投稿日:

昔は何かに行き詰まるといつも
短い髪の毛をさらに切ってた
なので、僕の髪はいつでも少年のようだった
今は長くのびた髪に愛着があるので
切るのはやめて、金髪にしたり真っ黒にしたりを繰り返してる
髪を切った次の日からは
自分は変わっているんだという希望からくるものだろうか?
そんな事をするだけじゃ
何も変わりはしないというのは
もうとうの昔に気付いてるはずなのに
それでも思いを託してしまう
自分はあの頃から何も変わっていない
歯車が狂い出したのはいつ頃からだろう?
そんなものは最初から狂ってた
だから、それは『狂ってない』って事
僕の髪の毛に変化があった時は
多分それは僕自身になにかあった時なので
そっとしとく、もしくは
超かまってください
でも無理だと思うので
そっとしといてください
自分自身のちからで這い上がろうとしてるところなので

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です