快晴

投稿日:

出逢った瞬間から僕は恋をしていたのかもしれない
2度目に逢った時に確信した
『運命』というものの存在を信じずにはいれなかった

願わくば彼を手に入れたい

神は存在した

彼は僕のものになった
彼とならどこまでもゆける気がした

優しさと凶暴さをあわせ持つ彼

彼の名はHuhges&Kettner TRIAMP

僕は今至福の時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です