怠惰な日々の続き。

投稿日:

映画に狂った。
今日も3本借りてきちまった。
「コヨーテ・アグリー」
「ダウンタウン81」
「イディオッツ」
上から順に見た。
「コヨーテ・アグリー」
解りやすい映画。
アメリカンドリームてな感じ。
劇中に出てくる実在するらしいバー「コヨーテ・アグリー」が
かっこよくて、ずっと見たいなーと思ってた。
まぁ、見たらかっこいいことはかっこいいねんけど。
呑みっぷりはかっこいい。
「ウチの店、水なんておいてたっけーー?」
な、かっこいい。
そんだけ。
ソングライター志望の田舎娘のサクセスストーリーてところが
ちょっとそそっただけ。
ちょっと痛快なラブロマンスサクセスストーリー。
以上。
「ダウンタウン81」
天才アーティスト、故ジャン・ミシェル・バスキア本人主演の映画。
微妙。
いろいろ考えたけど微妙でした。
途中で自分の意見まとめんのに必死で全然見て無かった。
「KIDS」に近いにおいを感じたのだけど。
アートとしては・・やけどこのテの映画は苦手かもしれん。
また「バスキア」みないかんと思った。
「イディオッツ」
ダンサーインザダークの監督が撮った作品。
つか、この監督の色彩感覚めっさ好きです。
お話はかなり過激です。
てか、この見終わったあとの脱力感は一体なんでしょう。
なんかわからんけど
人は弱いもので、何かに、誰かに寄り添い生きてるねんなーと。
それ以上は言葉がでないような。
仲間に寄り添い生きたり
社会に寄り添い生きたり
な。
てか3本見てトータルで思ったことは
「あー、こんな生活してみてーなー」
=今の生活に満足してないってことですかね?!
コヨーテ・アグリーで痛快に生きたい
ダウンタウンで真剣にダラダラ生きたい
あの家で現実忘れて仲間と生きたい
いや、今の生活、嫌いじゃないよ。
満足もしてないけど。
大好きな人達にかこまれてるし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です