腫れ。正直・・・

投稿日:

今の音楽って
じっくり聴いてみないと、どれが誰やら何やら
にかりよった音楽が溢れてて
『自分達は誰もやったことのない音楽をやっている』とかゆっても
すでに誰かがやっていた・・ってこともたくさんあって
何が良いのかとかって
直感と先入観で決めてるような感じで
でも、正直『よい曲よくない曲』なんか
どれでも良いように思う。
誰が創ったどんな曲でもおんなじやと思う。
それを『良い曲』に変えるのって
歌を歌う人間の人間性とカリスマと声やと思う。
あと想いの乗せ方。
どんなポップでキャッチーですぐ覚えられる偉い作曲家が創った曲でも
歌い手がショボければ『よくない曲』になると思う。
逆に素人の創ったありがちな曲でも
歌い手にカリスマ性と受け入れやすい声を持っていれば
『良い曲』になると思う。
なんかアーティスト側を否定するような感じの意見やけど
なんか、ふと思った。だけ。
そんなこといいながらも
『人と違うことしよう』と考えて曲を創るんやろうけど。
でも『人にできない事』って
『自分とゆう人間を動かす(生きる)事』やと思う。
だから、あたしはあたしにしか出ないこの
あたりさわりのない、微妙な声を大事に思ってる。
最大の個性やから。
あとはもうちょい歌うまくなって
ファンタジスタになれればなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です