曇り。テレビっこ。

投稿日:

えと、日曜日は美空ひばりの13回忌だそうで。
なんだか彼女の特番がけっこうやってたりして。
よく見るんですが。
やっぱり、最高。
最高です、美空ひばり。
若い女性歌手をつかまえて、やれ「平成の歌姫だ」なんだいいますけど
美空ひばり以上の「歌姫」、いや、「女王」はいてないと思う。
すごい。
たとえば、ライブ、コンサート会場へきてる人間だとか
今の時間にいる人間の心を動かすことって
やっぱり難しいことやけど、可能やと思う。
けど、美空ひばりは時を越えて十数年先の人間の心を動かす。
コメンテーターがよく「何年たっても色褪せない」とゆうけど
ほんまにそう。
もう存在しない人間やのに、何故かリアルに感じる。
不思議な。
そんで、あの説得力。
「人生って不思議なものですね」と彼女が歌うと
なんで涙がでてくるんやろう。
それが見えないちから、なんやろうか。
あたしは自分で自分の歌う曲をつくらへん奴は認めない派やけど
なんか、かわれそうな気がする。
あれほどの人間には作詞家、作曲家の人に失礼やけど
曲なんかなんでもいいんやと思う。
歌い手の人間が、その曲のちからを最大限、それ以上に引き出すから。
そんで、多分、そのちからは、作詞家、作曲家にまでおよぶんやとおもう。
歌い手の影響で、ええ詩、ええ曲がかけたりするんちゃうか?と。
いや、まー、それほどのカリスマ性を持った人間にまだ出会ったことがないので
なんとも言いがたいけども・・
でも、ほんま、美空ひばりを見ると、「あー、あたしもがんばろー」と思えます。
辛くても、ステージで「辛い」とゆうてまう人間は
ステージにあがる資格ナシです。
「辛い」と思うことがあったら、あたしは曲にすればいいんやし。
・・とかいいながらも、辛い時期は辛いとゆうてまうんでしょうが・・
まー、人生勉強です。何回も失敗するもんです。
あー、あたし、今、なんて安定期。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です