外房、貧乏ジギングで夏の魚を釣る

投稿日:

辛いことがありすぎて、現実逃避してきた
もちろん金はない
給料日前なので金はない
でも給料翌日からは「給料日前」なので万年金はないんだけども

なんか今年は6月くらいから早くもショゴ(カンパチの若魚)が入ってきているようで
いいかんじで黒潮が当たったのか、例年より早い
しかもどうも当たり年っぽく、数が多いみたい

なのでちょいとこれを釣りに行ってきた

先述の通り、金はない
本当はフカセで狙うと面白いんだけどもコマセ買う金がないので
ライトショアジギタックルと、あと念のためのアジングタックルで

去年自分たちの間ではやった「小サバを渓流サイズのミノーで釣る」
サバミノーの事も考えて、ちょっとだけ渓流サイズのルアーもいろいろ持った

いざ出発・・だけども
予報聞いてもGPV見てもどうも爆風っぽい
風速9mの波高2.5mですってよ・・おいおい

癒やしの釣りのはずなのにハードモードになりそうな予感でいっぱい
本当はちょろっと地磯に行きたかったんだけども
波高2.5mで地磯は無理なので、やむなく堤防で

青物の回遊がありそうなあたりで

最初は外側のテトラから30g前後のジグをフルキャストでやってみたんだけども
なーんも反応がなかった

どうもショゴは港内に入ってるっぽく
港内で例のサバミノーを投げてみると
ものすごいチェイスが!めちゃ活性高い!

5cm前後のミノーなので、アジングタックルでPE0.3号とかで
ドラグズルズルにしてたら見事根に潜られてジャクソンアスリートのレッドヘッドを一瞬でロスト・・

しょうがないのでシーバスタックルでかなりオーバースペックな感じだけども
Dコン投げてみたら一撃で食った


25cmあるなしサイズ
水がクリアなのでチェイスやらバイトが見えてかなりおもしろい
素直に反応してくれるショゴかわいいぜ・・


ショゴの何がおもしろいって、このサイズなのになかなか引くのがいい
ヒラスズキ用のタックルなのにちょっと曲がるのがすごい
34cmくらいまでならフカセで釣ったことがあるけど
40cm超えをシーバスタックルで釣ってみたいなぁ・・
大きくなるのはシーズン後半なので足繁く外房に通う日々がまたきそうな感じだ


渓流サイズのミノーをめちゃくちゃ激しくトゥイッチするんだけども
けっこうこれ、スレるのが早くて見切られる
シラス系の小さいジグとかいろいろ手を変えてみるけど完全にスレてくるとルアーで釣るのは厳しい
そういう時はおとなしくランガンとする

新官のほうでやってたんだけども先端で石鯛やってる人が居た
あんなとこ石鯛でるんだなぁ・・

あちこち(というほどでもないけど)ランガンして
日もくれたので晩飯を勝浦のふうふうで食って
夕方からちょろっと勝浦のタンク前でアジングタックルを出してみた

周りのサビキの人たちはイワシだか小サバだかが釣れてる様子
なんか食ってくるかなー?とアジスタM1.5gにブリリアント1.5inchで
めずらしくジグ単の釣りとかをやってみた
ボトムまで落としてちょっとしゃくりあげてまたフォール・・てのをやってたら
なんか竿に重みがのったので巻いてきてみる
引いてる感じはない、魚じゃなくてまさかゴミ?!
と思ったら


なんという珍事
タコがくっついてきた・・・

アジングタックルでタコ釣れるんやな・・初めて知ったわ・・
小さいしこの肌の感じ、たぶんイイダコだと思うが・・わからない
なんせ、タコが釣れた
本気でびっくりした


てか勝浦港にイイダコなんかいるんだなぁ
今度イイダコ専門に狙ってみようか・・

夕方、ワンチャンと思って青灯の方でショゴ狙いしてたら
近くでフカセやってたオジサンが網でかなりいいサイズのタイワンガザミ掬ってた
なんか足元を泳いでたらしい・・まじか・・
勝浦港にガザミが居るのは知ってたけど、あのサイズはやばい
高級レストランとかで出て来る感じのサイズやった
これは・・カニマンションを沈めてみる価値ありますなぁ

小潮で満潮が22時とかだった
しばらく時間つぶして、潮があがってきたら
例のヒラスズキポイントで真面目にミノー投げてヒラスズキを狙ってみた
昔はせいご針に青イソメを5本も6本もぶら下げてやってたけど
今やすっかりルアーマンである・・

風がすこしあって、波っけもあって雰囲気はいい感じだったけども
ヒラスズキは居ないようだった

飽きたので港内の船揚場のブレイクラインにサイレントアサシン99Fを通してみたら


マルさんが一撃で食った
60cmぐらいかな
なんかこの日の釣り運やばい
ブレイクんところでベイト待ちしてたっぽいシーバス
港内のマルは臭いのでリリース・・

実はぶっちゃけシーバスってそんな好きじゃない
魚美しくないし、川で釣ったら臭いし
そもそもそんな釣りたい魚じゃないのに
何故かシーバスは相性が良いのか、釣りに行くと釣れる感じ
相方さんはシーバル釣りたいシーバス釣りたいと念仏のように唱えてるけどあんまり縁がない
望むものと手に入るものは違うってこういうことなんやなぁ

朝からフルで釣りしてたので
さすがに疲れて帰りの道中で仮眠・・のつもりがけっこう寝てしまって


海ほたるで軽くメシを食って家についたのは6時過ぎだったか・・7時過ぎだったか、そんな感じ

勝浦港が最悪だった
何が最悪かって、ゴミがえげつない
車停めたところにゴミが散乱してた
ビニール袋があいてて、そこからペットボトルやら飲料缶やら手を拭いたであろうウェットティッシュとかが飛び出てた
それだけじゃなくもうあちこちにゴミが散乱してた
ほんと最低ですわ
お前の家の軒先に捌いた魚の腸でも捨ててやろうか!というぐらいに最低ですわ
モラルもくそもあったもんじゃない
釣りの常識、じゃなくて一般常識やろそんなん・・
「道端にゴミ捨てじゃだめですよ」なんて教えないとわからんレベルなんかな?
よくそんな脳みそで生きてるなぁと
ガキかもしれんし社会人かもしれんけど、社会人ならなおさらカスですわ

勝浦港が釣り禁止になったのは、漁師と釣り人が揉めたからって聞いてるけど
それ以前からゴミ問題はかなりひどかったみたいで
地域の人がお金を出し合って、釣り人が置いていったゴミを処分していたみたい
もうそんなんならいっそのこと遊漁料を取ってもいいんじゃない?
ゴミ捨てるならゴミの処分代置いてけ、と
お金を徴収することによって釣り客の質の向上を計るってのもひとつだと思うわー
しかも今勝浦って午前4時から午後4時まで釣り禁止なんやけど
これも守ってない人いるっぽくて
決められたルールを守れなかったら本当に全面釣り禁止も近い将来ありえる
禁止になったらよその漁港に行けばいい、ってそれはおかしいからなぁ

サンデーアングラーだけじゃなくベテランの釣り人でもマナー悪い人はいる
ゴミ捨てるやつは自分がゴミだってこと気付いてない


で、翌日
こんだけの魚をばっさり捌く
小さいので大変・・


イイダコ(?)はたこ飯に
米少なめにしたつもりだったけども
やはり前のマダコよりか小さいしあまりタコ出汁がでてなかった


ぶつ切りにしたショゴにごま油と醤油と生姜とねぎとごまをかけて
これは丼にすべきでしたなぁ
ショゴといえどやっぱカンパチっぽい味がする
脂はないんだけども、身の甘みがまさに青物のソレ


あとふつーに刺身
実にそれっぽい味がする
万能包丁と出刃しかないので刺身は本当に大変
薄造りがまじでできない・・刺身包丁欲しいなぁ
やっぱ包丁はいいの欲しいですな


そして更に翌日・・
干物ができあがりましてね
一夜干しのちょい半生タイプ
小さい魚を大量にさばくの大変で
うっかり開きの分まで頭落としてしまうという大失態・・

ショゴもまぁうまいんだけども
次はイサキが食いたいなぁ・・イサキ・・・
千葉のとある地磯ならイサキも釣れるらしいけど
うーん・・イサキ・・!!イサキ食いたい!


これは我がベランダファームで取れたきゅうり
実に立派である・・・きゅうりもなんとか育成方法のコツをつかんだ
来年はもっと収穫量を増やしたいなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です