mesi

投稿日:

あけましておめでとうございます
今年こそ真面目に書きます
と、毎年言ってる気がしますが・・

めし

めしについて

突拍子もなく元旦にメシの話を

ここ1年、頑張ってきたのが
このメシ作りです
なんなら大事なことそっちのけで頑張ったかもしれません

めしを作る

めしってものすごく大事なことだったんだと
再確認した昨年だった、気がする

できるだけ3食作る
手抜きもするし、外食の日ももちろんあるけど
毎日米炊くし、弁当には冷凍食品使わないし
クックパッドの月額費払ってるほどに

現代人が忘れてしまった大事な事がめしには詰まってると思う

高校生の頃、友達の家に泊まりに行った翌朝に
焼き魚とみそ汁ごはんとおかずという
これぞ日本の朝ごはん!的なものを出してもらって
でもそれが特別っぽい感じじゃなくて
たぶんこの家では毎日こうなんだろうなという雰囲気

家族みんなで食卓を囲む
これものすごく大事なことなんだ、多分

昔からずっとそう思ってきた

食物に対する感謝とか、家族に対する愛情とか
そういうものを作るのがこの「めし」の一連の動作にある

母から子に伝えるめしの作り方
親を敬う気持ちとか
基本的な社会生活の土台になるものとか
お金をやりくりすることだって覚えるし
家族の絆を深め、家族を思いやることが
他人を思いやることにもつながる

多分ね

先述のような朝食が毎日当たり前にでてくる家庭は
まぁいろいろあるだろうけど、たいてい円満だと思う

今までの自分には足りない部分だった

と、思う

自分勝手に好きなことだけやっていく人生には
必要にないことだったかもしれないけど
それは相当の覚悟がないと
歳いってからできることじゃない

普通という言葉を使うのはよくないけど
普通の暮らし、というものが当たり前にできるようになりたいと思った

それの手始めにやるべきことがこの「めし」かなと

自他ともに認める器用貧乏なので
ぱぱっとそれっぽいものはできるけど
ちゃんとした料理ができるようになりたいなぁ

基本的なダシのとりかたとかね

便利な時代になったもので
とりあえずどうしたらいいかと悩んだら
ググればいいんです

本来は母から教わるものなんだと思うけど
それこそネットどころかテレビもラジオも無い時代の人たちは
そうやって現在に至るまで日本の料理を伝えてきたんだと思うし

でも便利な時代のおかげで
今から学ぶこともできるようになったので
わたしのような人間にはとてもありがたいのです

とはいえ、そもそもに基礎がないので
オリジナリティーあふれる料理が多いですが

まぁおいしけりゃいいと思いますがね

というような感じで書くと
わたしが今までまったく料理できない人間だったみたいに聞こえるのが
ちょっと不本意で
それなりにはできてたんですよ、今まででも

まぁそんな感じです

家族でめしを食う
みんなでめしの準備をする

たぶんずーっと永い間続いてきた人間の営み
便利な世の中だからといって忘れたらだめですよね
大事なことなんです
大事なことなんです

おいしくなくても大事なことなんです
毎日やってりゃうまくもなるし

という年始の熱弁でした

余談ですが
スーパーのレジなんかで
自分の前に並んでる綺麗なおねえさんやかわいい女の子が
冷食とか出来合いのものばっかカゴに入れて会計してるのを目撃すると
すげー勝ったような気分になってしまいますが
これこそが女性特有の「マウンティング」なんだなぁーと
自分が嫌になったりもしつつ

さて、元旦からおせちを作り出すという
まったくもってダメな感じですけど
続きをやりますわ