X-18とソロアルバムとアコースティックライブ

投稿日:

photo
Amazonで注文しました
TDKのハイポジのカセットテープが今日届きましたので
先日ヤフオクで1100円で購入した
FOSTEXのMTRをちょっと使ってみようってことで
いろいろやっていました
やー、ノイズがひどいったらないw
味っちゃあ味なんでしょうが、どうしようもない
ただ、電池駆動っていうのがものすごく熱い
外でも録音できるんですよね

まぁ、MBPも内蔵電源の限りなんとか録音できますけど・・

初夏目標でソロアルバムだそうと思ってるんですけど
それを全部このMTRで録ろうかなーと思ってて
しかしこのノイズ処理をどうするかですなぁ
でもなー、あえてローファイでいきたいのです
だっていい音なんて追求したら天井ないんだもの
オーディオインターフェイスだってもっといいのだったら
何百万ってなってくるし
スタジオだってマイクだってマイクプリだって・・

なので、あえて生々しくというか
古臭い音で、懐かしい感じにしようかなーというコンセプトです
とはいえ、最終的にミックスはLogicでやるんですけど

もっともっと遊び心を大事にしたいと思います
ひとりだからよけいにそう
(かといってゲストは入れるつもりですが)
やっぱりわたしは演奏する楽しさよりも
作る楽しさの方が強いので
そこをもっともっとおもちゃ箱的な感じで
作るって楽しいねっていう気持ちを大切にやってみようと思います

んでまぁこそこそとつくりはじめているわけです
こそこそと機材をあつめはじめ・・こそこそと・・

などということをやっている場合ではなく
実は今集中してやらないといけないことがあるのです

2月24日に
kaninaがサウンドトラック製作で参加した
バストリオの映画「生きている」が
池袋シネマ・ロサでレイトショーで上映されることになったんですけど
そこでミニ・アコースティックライブをすることになりました
とりあえずやる楽曲はそろえました
映画に使った楽曲をメインで、5曲ほど演奏します
ただ、最も苦手とするアコースティックなので
必死のパッチで練習しないとやばいのです
こうしている今も楽曲をエンドレスで聴きながら覚えています

なんせもうイヤモニが身に染み付いて
クリックなしにはモゾモゾしてしまうぐらいになってしまっていますので
このリズム音痴の歌音痴がはたして大丈夫なのか
不安で一杯なんですけど
バストリオさんからこんな素敵なお話をいただきましたので
めちゃくちゃに頑張りたいと思います
自分で書いた楽曲だからなんとかなるはず

先日もブログに書きましたけども
やはり思い入れのある映画ですので
なにせ初のサントラです
それが映画館で上映なんですから
ここは気合を入れていかないと
無理を通して道理を蹴っ飛ばさないとですよ

いやしかしです
11月に大阪で急遽ソロライブやった時に
YAMAHAのNP-11を買ったんですね
スピーカーついてる61鍵のキーボード
これが役に立つ時が来るとは・・!
アンプラグドで、アンプの使用禁止なんです
なのでNordは使えません
でも、NP-11ならスピーカーついてる鍵盤だし
そんな大きな音鳴らないし
なんなら電池駆動もいけるし
音はさほど良くはないけど、いちおうピアノの音鳴るし
なんとか61鍵あるからそれなりに弾けるし!
いやぁ、備えあれば憂いなしとはこのことだなぁ

ともかく、がんばります!

映画の上映が21:00〜の一時間半なので
22:30頃からのライブになると思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です