かたちの無いものにお金を払うということ

投稿日:

ずっと自分の中で折り合いというか納得がいかないことがあって
タイトルどうり
「かたちの無いものにお金を払うということ」
というのがある

あるツイートを見て
あれっ?と思っていろいろ考えたけど
ようやくそれに納得できる答えが見つかりそう

かたちのあるものに対してお金を払うことに
ためらう人はあんまりいない
お腹すいた→食材買う→お金払う
これに疑問を感じる人はいないと思う
物々交換と同じこと
これを渡すからこれをください

食品、衣類、家電、ありとあらゆるもの
生きていくために必要なもの
これにお金を払うことに
高いからやめとこう、安いから買おうとか考えるのはあっても
払うこと自体に疑問は持たない

趣味の分野でもそう
装飾品、車、道具、ゲームやPC、などなど
かたちがあればあまり誰もためらわない

だけど、かたちの無いものに対して
お金を払うことに「?」となる人は多いように思う
自分もそうだった

音楽なんてタダでいいじゃない
そう思ってた

特に、自分で勝手に作って
勝手に垂れ流してるものとかべつに権利を主張する気もないし
お好きにどうぞ、って感じだった
(これは今でもあんまし変わってないかもだけどw)

でも、かたちの無いものに対してお金を払うことって
けっこうあるんだと思うんですよ
サービス業っていうのはそういうことですよね
マッサージとか、セミナーとか、旅行とか
お金を払って、知識や癒やしなんかを買う

音楽も「サービス業」だと思うんですよ
CDに関しては物品なのでかたちのあるものだけど

そう考えたら、「自分の作った音楽にお金を払ってもらう」ってことが
なんか普通の事に思えるようになった

アートって分野は
なんか変な幻想とか思い入れとかが入り混じって
「それでお金をもらうなんて汚らわしい」みたいに
考えてしまっていたりとか
そういう風潮もなきにしもあらずだけど

上記で
高いからやめとこう、安いから買おうとか書いたけど
それはあくまで個人の自由であって
あのクオリティの音楽にこの金額払うのは高いだとか
あの人の音楽聴くのにこの値段なら行くわとか

それでも自分の作る音楽に対してお金を払ってくれる人がいて
良かったと思う人もいれば、もったいなかったと思う人もいるだろうし

180円のキャベツを買って
いい買い物したと思う人もいれば、おいしくないし高いと思う人もいるし

なんかうまくまとめられなかったけど
そう考えたら
あくまでもそれは「サービス業」なんだからって思って

それはそれでいいんだわ、って思うようになった

全然うまくまとめられなかった・・・

っていう、お話でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です