よしお学

投稿日:

最近なにかとサイエンス脳なわたしです
K-T境界について調べたり
眠りと脳の関係について調べたり・・

あと気になっているのが「猫の毛の遺伝子」です

完全文系脳のわたしからすると
まったく異次元の世界ですが
なんとなく情報としては理解することができています

ざっくり言いますと
猫の毛の模様や色、長毛か短毛かを決める
いろいろな遺伝子があるわけです

よしお氏の毛色ですと
まず
Aの遺伝子、アグーチかノンアグーチかを決めるものがあります
これはしましまか、無地かです
よしおの場合しましまはないのでソリッド(単色)といわれるやつです
つまりaaです

その次にBという遺伝子
黒色の濃淡を決めるやつです
よしお氏はブラックですので、Bですね
BB、Bb、Bblとありますけど
まぁBBでしょう

その次にフルカラーの因子、Cというのが出てきます
色をつける場所と濃さをきめるやつですね
これはちょっとよくわからなかったw
たぶんよしお氏はフルカラーなんじゃ・・?

その次はDという因子、ダイリュートですね
色を希釈するやつです
たぶんロシアンブルーとかはこれで希釈された色なんじゃないかと
よしお氏は希釈なしです

あとIっていう因子はよくわからんのでおいといて
(よしお氏には関係なさそうなので)

次にまぁ有名なOという因子ですね
毛の黒を赤に変えるやつです
これが変わってて、X染色体上にのみ現れるやつです
なので三毛猫はメスしかいないってのはこの所為です
たまに染色体異常でオスの三毛猫がいますが
とてもめずらしいようです
ちなみに昔びみょーーーーーーにオレンジの毛がわずかに入った
オスの三毛猫が実家にいました
これもよしお氏には関係ない因子ですね

そしてTの因子
しまの形を決めるやつですね
おそらくこれがよしお氏に関係してるんじゃないかなと思うんですが
マッカレルタビーという2番優性の因子かなぁと思うんですけど
よしお氏のあのゴマ模様の説明がつかないんですよね・・

そんでSの因子
白班の量を決める遺伝子ですね
白班が多いのがSS、よしお氏はこれに該当します

で、最後にWの因子
こいつがひとつでもあるともう無条件に強引に白猫になるっていう
むちゃくちゃ強い因子です

で、毛の色はここまでなんですけど
目の色の話もありまして
青目のネコで、毛が白の場合高い割合で聴覚障害があるらしいんですね

んでざっくり遺伝子の話はここまでなんですけど
よしお氏に戻します

よしお氏を保護したのは
おそらく生後一ヶ月ぐらいの時だったんですけど
まぁ、その頃すでに小脳に障害があったんですね
医者で見てもらったところ
頭部に障害が出るような外傷もないわけで
まぁ、おそらくは先天性ではないかということでした
症状が進行するようならウィルス性ってことも考えられますが
6年たっても相変わらずなので
おそらく先天性の説が強いでしょう

で、毛色や目の色を決定する遺伝子の部分で
なんらかの異常があって
それが小脳に障害をもつことになったんじゃないかな
という仮説を立てたわけです

でも、猫の遺伝子に関しては
まだまだ不明な点も多いらしいので
google先生くらいじゃあそこらへんを調べるのは難しいわけで・・

まぁこれらが理解できたとしても
よしお氏の障害が治るわけではないし
当人はどうかわかりませんけど、わたしはあんまり気にしてないし
日常生活は普通に送れているからいいんですけど

そういう雑学について
一度興味を持ったら止まらなくなってしまう性分なので
当分はサイエンスな感じの事を調べまくると思われます・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です